MENU

アスリートの方が腰を痛めた場合はこのマットレスがおすすめ!

 

 

スポーツを主にしている人の場合、腰痛の原因はぎっくり腰などの急性の腰痛が一番、多くその次に多いのが、スポーツによる過度な負担が原因でなる椎間板ヘルニアや、ヘルニアの原因と同じように腰などに大きな負荷が生じて腰椎後方の骨が疲労骨折を起こしてしまう分離症などがあります。

 

ほとんどのケースが、オーバーワークなどからくるものが多く、一番の治療は安静にして負担のかからないようにストレッチなどをする事です。特にスポーツで腰痛を発症してしまった場合は、腰に負担のかからないトレーニングに切り替えて今伸ばせる所を最大限に伸ばす工夫をしましょう。

 

 

例えば、体幹を鍛えたり、可動領域を広げる事なども有効です。
ゴルフや野球、テニスなど多くのスポーツは背筋や腹筋そして体幹を使い回旋動作を繰り返すスポーツが多く、体幹を鍛える事でパフォーマンズが向上します。

 

そして、股関節は腰周りをストレッチで柔らかくする事をおすすめします。股関節は腰椎や骨盤の筋肉とつながっているので股関節を柔らかくする事で骨盤や腰椎への負担が軽くなります。

 

スポーツで腰を痛めた場合はこのマットレス!

アスリートに最適な腰痛を軽減するマットレスはairweave

 

スポーツで腰を痛めた場合安静にする事が第一でもしそれでも改善されない場合は、airweave(エアウィーヴ)がアスリートには最適です。

 

浅田真央選手や錦織圭選手が愛用しておりアスリートは筋肉量が多いため固めのマットレスが合います。

 

逆に柔らかいマットレスを使用してしまうと沈みこみが激しく反発する力が少なくなり寝返りが打てなくなり腰痛を引き起こししまいます。

 

ただ実際に使ってみましたが、少し運動をしている程度の筋肉量の場合は逆に固すぎて合わない場合もあります。
一般のスポーツを行っている人平均より筋肉量が多い方はマニフレックス

 

マニフレックスも平均して他の高反発マットレスに比較すると反発が強く固めの高反発マットレスになっていますがairweaveより柔らかく多くのアスリートも使用しいます。より一般のスポーツをされている方に向けて作られているマットレスになります。 

マニフレックスを使用しているスポーツ選手は?

野球選手では、前田 健太・青木 宣親・岩隈 久志・山田 哲人
サッカー選手では、香川 真司
相撲選手では、嘉風関
柔道選手では、野村 忠宏
バレーボール選手では、益子 直美
ラクロス選手では、山田 幸代

 

と数多くの一流選手がマニフレックスを使用しています。

 

スポーツで痛めた腰痛にはマニフレックスがおすすめ!詳細を見てみる

 

コスパで選ぶなら!

フローリングに置ける腰痛マットレス

産後や妊婦さんの腰痛に

詳しくはコチラ 

詳しくはコチラ 

詳しくはコチラ 

治らない慢性的な腰痛に

スポーツで痛めた腰に

寿命と理想の固さから

詳しくはコチラ

詳しくはコチラ

詳しくはコチラ