MENU

ヘルニアなどの靭帯の変性やその他変性による腰痛は、どんな腰痛改善マットレスがあうの?

 

 

背骨は小さな骨がいくつも積み重なって一本の骨のように見えますが、この小さな骨を繋ぐ組織として靭帯があります。
腰回りには腰椎以外にもさまざまな骨があり、この骨を靭帯が繋いでいます。
ですが、この靭帯が変性してしまう事でひどい痛みを生じることがあります

 

こんな痛みを感じませんか?
  • 歩いていると疼痛を感じるが、少し休むとまた歩くことが出来る
  • 腰回りが重く違和感が度があり、さらに足に痺れるような感じがする

 

このような症状がある場合には、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の可能性があります。

 

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症は、その名前の通り脊柱管が狭まってしまう疾患になります。
脊柱管というのは背骨に囲まれている管のような空間で、この空間には血管や神経などが束になって通っています。
脊柱管が狭まることで血管が狭まり、神経が圧迫される為に痛みを生じることになります。

 

脊椎管が狭くなるのはなぜ?

 

脊柱管が狭まってしまう原因は幾つかのものがありますが、その一つが靭帯が変性し肥厚してしまうというというものがあります。

 

背骨の骨は椎骨といい、椎骨は椎体と椎弓と分けることができ、さらに椎体と椎弓の間には椎孔という空洞があります。この空洞が積み重なった部分に脊柱管があります。
椎骨と椎骨を繋ぐ靭帯は、椎弓の間にありますが、この靭帯が変性して肥厚してしまうと、脊柱管を圧迫し狭めてしまうということが起こるんです。
実はこの靭帯の変性による肥厚以外にも、椎体の変性、椎弓の変性、椎骨と椎骨の間に挟まれた椎間板の変性などによっても脊柱管が圧迫されて狭まってしまう事があります。

 

老化現象?!

この靭帯の変性や椎骨の変性、椎間板の編成は、老化現象の一つで加齢によって実は多かれ少なかれ脊柱管狭窄症起こっているんです。
ただ、その程度が酷ければ、どうしても神経や血管の圧迫が強くなり、痛みも強く出てくるということが起こります。

 

治療法は?

脊柱管狭窄症は老化現象の一つなので、基本的には大きな痛みが生じたり、排尿障害や排便障害などが起こらない限り、手術を行ったりするような治療は行われません

 

安静を保ったり、消炎鎮痛剤によって痛みを抑えるといった薬物療法が取られることが多くなります。
またコルセットで腰を固定したり、痛みを感じにくくするブロック療法などが行われることはあります。
ストレッチ、腹筋や背筋の強化といった方法で治療を行うことがありますが、根本的な完治には手術によって狭くなった脊柱管を広げる必要があります。

 

 

椎間板が変性して起きるヘルニア

 

変性によって生じる疾患としては、腰椎椎間板ヘルニアも挙げられます。
老化にともなって椎間板の基質が劣化してしまい、基質成分であるプロテオグリカンが変化することによって水分保持機能が低下してしまいます。
老化とともに変性が起きることが多いのですが、若い方の場合でも骨折などをきっかけに炎症が起き、変性が起きることがあります。

 

 

症状は?

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状としては、以下のようなものが挙げられます。

 

  • 腰やお尻などに痛みがある
  • 下肢にしびれや痛みがある
  • 足に思うように力が入らない
  • 背骨が曲がる
  • 排尿障害(重度の場合)
  • 足に冷感がある
  • 筋力が低下する
  • 立っているとすぐに辛く感じる
  • 座った状態から立ち上がることが難しく感じる

 

このような症状があり、腰から下肢にかけて疼痛などがある症状を、坐骨神経痛と言います。
坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアが引き起こす代表的な症状の一つです。

 

また、脊椎すべり症や脊柱管狭窄症などが原因になり、坐骨神経痛が引き起こされる場合もあります。

 

 

改善方法は?

 

改善方法としては、以下のようなものがあります。

 

・手術を受ける
・内服薬で鎮痛+消炎を行う
・ストレッチを行う

 

手術での治療が一番に浮かぶ方も多いと思うのですが、手術は運動麻痺や排尿障害などの重度の症状がある場合に行われます。
そのような症状がないという場合、まずは内服薬での治療が進められます。
痛みに対して、非ステロイド性抗炎症薬が使用されることが多いのですが、痛み止めの役割がある鎮痛だけではなく、炎症自体を改善する消炎効果も得ることが出来ます。
手術ではなく、まず内服薬での治療が試みられるのは、この消炎効果によって、症状が悪化したり再燃することが予防できる可能性があるためです。

 

また、神経ブロックと呼ばれている方法もあります。
これは、ヘルニアが起きている神経に薬液を注入することによって、神経の炎症を抑えて痛みを取り除くというものです。
内服薬などでは効果がないような痛みに対し、神経ブロックは有効だと言われています。

 

腰を引っ張ることで改善を期待する牽引などもありますが、あまり勧められている方法ではありません。
自宅でストレッチを行う際にも、正しい方法で行えるように、やり方をしっかりと把握することが大切になります。

 

 

腰部脊柱管狭窄症・変形性腰椎症なども・・・

 

変性によって起きる腰痛の原因となるものに、腰部脊柱管狭窄症や、変形性腰椎症なども挙げられます。

 

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管が生まれつき狭くなっている先天性のものもあるのですが、変性すべり症、椎間関節の変形、老化などによって起きることが多いものです。
脊柱管内が狭くなることで神経が刺激され、痛みが生じます。
重いものを持つことが多い職業の方や、若い頃に腰を痛めた経験があるという方、長時間同じ姿勢を続けることが多いという方などに起きやすいと言われています。

 

腰椎椎間板ヘルニアやすべり症などが引き金となって発症することもある病気です。

 

 

どんな症状があるの?

 

腰部脊柱管狭窄症の場合には、以下のような症状が挙げられます。

 

  • 腰の周りに違和感がある
  • 腰が張っているような感じがする
  • 腰が重く感じる
  • 足に痺れがある
  • 歩き出した時に痺れがあり、歩きづらい
  • 前かがみで休んでいると、歩きやすくなる
  • 階段を降りるのが辛い
  • 排尿障害(重症の場合)

 

など、このような症状が見られると言われています。
特に、歩き始めに痺れがあり、前かがみで休むと歩きやすくなるというのは、腰部脊椎管狭窄症の代表的な症状となっています。
人によっては、足に症状が出るだけで、腰痛が無いという方もおられます。

 

 

変形性腰椎症

変形性腰椎症は、椎間板内の水分が減少してしまうことでクッションの機能が低下します。
そうなることで椎体が刺激を受け、棘状の骨が出てしまい、神経を刺激して痛みが生じるというものです。
加齢によっても椎間板の柔軟性がなくなり、クッションの役割が薄くなってしまうため、変形性腰痛症を引き起こしやすくなります。
靭帯や椎間板などの変性や劣化によって、腰痛が引き起こされるのです。

 

 

どんな症状があるの?

 

変形性腰椎症の症状としては、以下のようなものが挙げられます。

 

  • 起床時に腰に強い痛みを感じる
  • 動いているうちに痛みが弱くなる
  • 長時間同じ姿勢を続けていると痛みが増強する
  • お尻のあたりまで痛みがある時が多い
  • 身体が横に曲がっている
  • 身体が後ろに曲がっている
  • 腰や下肢に痺れがある
  • 腰が張っているような感じがする

 

など、このような症状が見られます。
主に腰を反らした時に痛みを感じる場合が多く、うつ伏せに寝たりすることは危険と言われています。
肥満などが原因で痛みが増強する場合もありますし、安静にしすぎても増強する可能性があります。

 

全ての変形性腰痛症の方に痛みが生じることはなく、痛みがない場合もあります。
痛みがない場合には、特に問題がないと言われていますが、身体の変化に気づけるようにしておくことも大切ですよね。

 

無理のない範囲で身体を動かしつつ、ウォーキングなどで筋肉をつけておくことで、改善していくことが出来ます

 

 

脊柱管狭窄症の方におすすめのマットレスとは?

 

脊柱管狭窄症になる方の多くは、高齢者など筋力が低下している状態の方です。
筋力の低下がみられる方にとっては、硬すぎるマットレスは非常に眠りにくく、寝ていても身体全体が痛いと感じる事が多くなります。

 

そこで、脊柱管狭窄症の方はやや柔らかめのマットレスの方が向いていることが多くなってきます。
ただ、身体が不自然に沈み込んでしまうくらい柔らかいマットレスの場合には、寝返りをしようと思ってもうまく寝返りが出来ないということが起こってしまいますので、柔らかすぎないという点も注意したいところです。

 

おすすめは?

そこで、おすすめのマットレスとしては雲のやすらぎという敷布団になってきます。
この敷布団は羊毛が表面にあるために適度に柔らかくなっていますが、芯材にやや硬めのウレタンが使われているために、不自然に体が沈み込んでしまうということを避けることが出来ます。

 

※ただ体重が重めという方の場合には、雲のやすらぎでは沈み込み過ぎてしまうため、モットンなど沈み込みが少なくやや硬めのマットレスを利用するという方法もお勧めになります。
エアウィーヴなどを今お使いの布団の上に敷くというのもおススメの方法です。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの方におすすめのマットレスとは?

 

 

腰椎椎間板ヘルニアでの腰痛や坐骨神経痛に悩まされている方の場合、老化なども関係があります。
老化によって筋力が衰えている可能性がありますので、硬すぎない程度のやや硬めのマットレスです。

 

雲のやすらであれば、柔らかすぎず硬すぎず、身体をしっかり支えてくれるため、筋力が低下していても寝返りが打ちやすくなります。

 

硬めのマットレスなら、身体が不自然に沈み込んでしまって痛みが出るということも避けることが出来ます

 

ただ、体格によって硬くて痛いと感じる場合があるかもしれません。
そのような場合には、雲のやすらぎのように柔らかめのマットレスでも合う場合がありますので、痛みと相談しつつ決めていただけたらと思います。

 

雲のやすらぎの体験記はコチラ

 

 

体重が重いかたでヘルニアに悩んでいる方は
こちらのモットンの体験記を参考にしてみてください。

 

モットンのマットレスの体験記

 

腰部脊柱管狭窄症・変形性腰椎症の方におすすめのマットレスは?

 

腰部脊椎管狭窄症・変形性腰椎症の方におすすめのマットレスとしては、体圧分散がしっかりと行われるモットンがおすすめです。
特に変形性腰椎症の方の場合、起床時に腰に強い痛みを感じることがありますので、体圧分散がしっかりと行われ、腰に負担がかからないマットレスが必要です。

 

2つの疾患に共通している特徴の一つに、長時間同じ姿勢をとることで痛みが生じる・増強するというものがあります。
昼間にも同じ姿勢で居るのに、寝ている間にも同じ姿勢を強いられるとなれば、痛みがさらに増強してしまいます。

 

そこで、モットンのような寝返りがうちやすいマットレスが必要というわけです。
適度な回数の寝返りを、身体に負担をかけることなくうつことによって体圧を分散させるほか、湿気を逃したり、理想的な寝姿勢を作りやすくします。
長時間同じ場所に負担をかけず、寝返りをサポートしてくれるマットレスを選ぶことが大切です。

 

 

整体師による腰痛改善マットレスの選び方はこちら

腰痛改善マットレスはどうやって選べばいいの?疑問点を解決!