MENU

硬膜外ブロック注射の痛みはどれくらい?腰痛を悪化させないために

 

 

慢性的な腰痛に対しての治療法の一つに、「硬膜外ブロック注射」というものがあります。
トリガーポイント注射と呼ばれている治療法で、あまり効果が得られなかった場合に行われることが多いものです。

 

この硬膜外ブロック注射、具体的にどのくらいの痛みがあるのか気になりますよね。
ただの注射ではなく腰に針を刺すとなれば、どのくらいの痛みなのか想像するのも難しいものです。

 

腰痛の治療とは言え、やはり痛すぎる場合には治療を受ける勇気が出ないという方もおられると思います。
そこでここでは、硬膜外ブロックの注射の痛みについて、見ていきたいと思います。

 

 

硬膜外ブロックとは

 

硬膜外ブロックとは、硬膜外腔という空間(脊椎より外側の部分)に局所麻酔薬を注入し、
末梢神経を一時的にブロック(遮断)することで痛みを取り除くという治療方法です。

 

場合によっては副腎皮質ステロイドなども注入される場合があります。

 

 

血管を開く

 

慢性的な痛みが生じている場所には、痛みを発生させるいくつもの物質が作られています。
この物質は痛みをもたらす他にも、血液の循環を悪くすることで神経を傷めつけてしまいます。
これが続くことで痛みをもたらす物質がどんどん作られていまい、血流が悪くなる一方という悪循環が引き起こされるのですね。

 

硬膜外ブロックは、血管を開き、血液の循環を良くすることで、栄養や酸素などを神経に送り込みます。
この血管を開くという作用は、内服薬や静脈注射では得ることが出来ないものだと言われています。

 

ブロックする場所によって呼び方が異なり、「頚部ブロック注射」「腰部ブロック注射」「仙骨部ブロック注射」「胸部ブロック注射」などがあります。
腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・すべり症・尾骨痛・腰痛・神経痛などの症状がある方の治療法の一つです。

 

 

どうやって注射するの?姿勢や注射の場所は?

 

では、どうやって注射をするのか・・・というのはとても気になりますよね。

 

脊椎の近くなんてなんとなく怖い!という方もおられると思います。

 

 

硬膜外ブロック注射には、メジャーな注射箇所として、「仙骨」と「腰部」があります。
それぞれの箇所によって注射方法が異なるため、1つずつ見ていきたいと思います。

 

仙骨硬膜外ブロックの場合

・うつ伏せになる
・おしりの付け根(尾てい骨)あたりに注射する

 

腰部硬膜外ブロックの場合

・横向きになる(背中を丸める)
・腰椎と腰椎の間に注射する

 

 

痛みはある・・・?

 

では次に、痛みはあるのかという点について見ていきたいと思います。
いくら腰痛を治療したくても、さらに痛い思いをするのは出来れば避けたいところですよね。

 

それぞれどのくらいの痛みが伴うのでしょうか。

 

仙骨硬膜外ブロックの場合

・人によってはかなりの痛みを感じる
(局部麻酔をしてくれるクリニック等もあるようです)

 

腰部硬膜外ブロックの場合

チクっとするような痛みがある
(ブロック針を入れる際の痛みを消すための注射をするため、痛みはほぼない)

 

 

効果は一時的

 

実は、この硬膜外ブロック注射の効果は一時的だとされています。
二時間程度しか持たないとも言われている上に、1回のブロック注射では効果がない場合もあるのです。

 

血流を良くして自然治癒力を高めていく治療でもありますので、数回注射を打つ必要があるとも言われています。

 

 

腰痛を悪化させないようにするために・・・

 

腰痛を悪化させないために、このような注射を受けたりすることも必要かもしれません。
ですが、そのような治療に頼りっぱなしではなく、何か自分でも出来ることがしたいという方は多いと思います。

 

もし、腰痛を悪化させている原因がマットレスだとすれば、すぐにでも買い替えたいと思いませんか?
間違ったマットレスの選び方をしていると、腰痛が悪化する危険性があります

 

 

正しいマットレスの選び方で、腰痛を悪化させず、改善していきたいですね。

 

 

腰痛改善マットレス、1位はどれ?

人気の腰痛改善マットレス、1位に輝いたのはどれ?!