MENU

看護師の職業柄、慢性的な腰痛に悩んでいます

 

 

A. 慢性的な腰痛で、夜中に目が覚めてしまうことも多いです
サユさん 26歳

 

 

 

看護師として勤務しており、病棟勤務なのもあり体を持ち上げたり前傾姿勢での動作も多いため、慢性的に腰痛があります。
一番ひどいのは起床時で、洗顔するのも辛いほど。

 

寝具が問題かと思い低反発マット、エアーマット、バスタオルを丸めて腰に入れたり、
布団を重ねてみたり…様々な方法を試しましたが、全く効果はなく今は諦めて以前から使っていたベッドで寝ています。

 

一度腰椎ベルトを巻いて寝てみましたが、全く変わらず逆に痛みで朝方目が覚めてしまいました。
腰痛のために中途覚醒するのも初めてではなく、時には寝付いてから2、3時間で目が覚め、腰痛のため眠れないということも…
そんな時はソファで座ったまま眠るか布団やクッションを重ねて60度くらい角度をつけて横になると腰への負担が軽減されるようで寝付けます。

 

ヘルニアかなぁ?と思い今までに2度整形外科へ行き検査を受けましたが、ヘルニアやその他の疾患も疑われないとのこと。
原因がはっきりしないため、腰痛がひどいときはロキソニンやテープ剤で症状を緩和するしかありません。

 

運動不足が原因の一つかと思いストレッチを開始ししましたが症状は変わらず…
テレビなどで腰痛改善などの特集を見て試してはみますが、結果はいつも変わらず、もぅ腰痛に悩んで6年ほどになります。

 

 

 

A. 寝具は様々なものを試したのですが、効果は実感出来ていません

 

 

寝具は固さ、弾力性などその人に合ったものがありますが単に気に入ったものや希望の予算内で購入できるものなどを選ぶと、腰痛の原因になることがあります。

 

これは最近、腰への負担を軽減させるような寝具もたくさん開発されており、
かなりの人が周知していることだと思いますが、実は腰痛の原因は普段の生活から来ていることが多く、
その生活が原因で起こる腰痛が寝具のせいだと決めつけている人も少なくありません。

 

普段、仕事などで腰に普段のかかる人は常に痛みを感じるというよりは、
負担が大きくなったときなどの短い時間で腰痛を感じることが多いです。

 

そのため、起きて数時間たちバリバリ仕事をしているときはあまり腰痛を感じておらず、
逆に寝る前の横になった瞬間や、朝起きた時に痛みが激しく出現…と私と同症状の方も多くいらっしゃると思います。

 

なぜそんな時に痛みが強く出るのかというと、日中負担をかけた腰の筋肉は凝り固まり、
さらに運動不足が重なると血流も悪くなるため、たとえ寝具があっていたとしても腰痛が出現している状況があります。

 

また体型が原因で腰への負担が増強し腰痛が出現している可能性も考えられます。

 

 

 

A. マッサージや運動を行うことで、改善していきたいと思っています

 

 

今まで寝具を変えてみたり、タオルや装具を使用したりと様々な方法を試しましたが、
実感できたものはなく、病院で処方していただいた湿布や鎮痛剤で症状をごまかしながらの生活が続いていました。

 

体型はここ数年ほぼ変わっておらず、腰痛の原因とも考えにくいため、
正直腰痛を軽減するためにどんなことを行うべきか自分でも分からないのですが、やはり一番はストレッチや適度な運動を取り入れ、
血行の促進を促すとともに、マッサージなどで凝り固まった筋肉を定期的にほぐすことで効果が期待できるかなと思います。

 

薬に頼ることはそのときの症状を一時的に緩和するだけなので、完治しているわけではなく、原因を除去しない限り症状は持続します。

 

一時期整体に通っていたときに、姿勢が悪いと指摘がありましたので、
普段の生活から姿勢を正せるよう意識しながら生活していくことや、また整体に通って施術を受けてみるのも1つの手かもしれません。

 

なるべく薬に頼らず普段の生活の中で腰痛が軽減できるような取り組みができれば続けられると思うので今後もインターネットなどを通じて調べていきたいです。

 

 

 

看護師さんで知識をお持ちなので、正しいと言われている腰痛対策をほぼ行われています。
看護師さんは患者様を抱えたり、注射や処置などで無理な姿勢をとることが多く、精神的なストレスも高いため、腰痛を起しやすい仕事です。
しかも、原因不明であることも多いです。

 

ひとつ、試していただきたい方法があります。いつでもどこでもできる方法です。
体の、足腰が痛い側(仮に右側とします)を壁側にして立ち、軽く右手を壁にあてて支えにし、痛くない方(左側)で片足立ちをします。
そして、右足を大きく前後に振ります。骨盤から振るつもりで20回振って下さい。腰痛が少し軽くなります。

 

ただし、これは応急処置みたいなものなので、ストレッチやウオーキングなどの軽い運動もされた方がいいです。
根本的な改善を目指して整体院を使われる場合は、宣伝に頼らずクチコミで選んでください
整体師は無資格もしくは民間資格ですから、選び方を間違えると悪化、もしくは詐欺にあう場合もあります。

 

 

また、マットレスは機能で選んでください。安くても良い製品がありますし、高いだけですぐに使えなくなる製品もあります。
背中を伸ばして寝ることができない人は、モットンなどの高反発ウレタンフォーム製のマットレスが良いでしょう。
仰向けでも横向けでも対応できますし、うつ伏せになっても顔が沈みません。

 

腰痛がひどいときは横向け寝をします。モットンの場合は横向け寝で足の間にクッションなどをはさむと姿勢が安定します。
看護師さんにとって、腰痛は職業病ですから、これからも対策は続くと思います。
この記事が、ご自分に合った方法を見つける参考になってくることを願っています。

 

 

これで腰痛改善はバッチリ?!マットレスの選び方

整体師が選ぶ腰痛改善マットレスはこちら!

 

 

こんなお悩みもあります

腰痛が酷くて仰向きに眠れない!そんな時の解決方法とは?柔らかいマットレスも原因
緊張やストレスによる腰痛の改善方法は?
柔らかいマットレスが腰痛の原因に!?何か対策はあるの?
介護職の宿命?腰痛がひどくて仰向きで起き上がれない時の改善方法は?
激痛で眠れない?産後の赤ちゃんのだっこでひどい腰痛に改善策はあるの?
出産後腰痛で歩けない!そんな時どのように対応すればいいの?具体的な解決方法を紹介