柔らかいマットレスが腰痛の原因に!?何か対策はあるの?

ここ数年で腰が痛くなり始め、仰向けに寝ていられない

A. 昼間でも夜でも痛く、仰向けに寝ていることが出来ない

えりさん 23歳

フローリングの床に寝転ぶと、じっとしていられないようなじわ~とした痛みが来ます。

仰向けに寝ていられません。これは、寝るときにも起こります。

フローリングではありませんが、少し硬いマットレスであったり、逆に柔らかすぎるマットの時に、背骨と布団の間に隙間ができると痛くなります。

従って、いつも横向きかうつ伏せで寝ています。

また、もともと猫背という事も相まって、背骨をまっすぐに伸ばすような姿勢をとると、痛すぎて元の姿勢に戻せなくなります

急激に戻すと痛いため、時間をかけてゆっくりと元の姿勢に戻るようにします。

また、腰をかがめて荷物を取ろうとすると、ピキッとした痛みが走ります。昼間でも夜でも起こるため困っています。
さらに、生理の前などは、余計に腰の痛みが強くなります。

サポーターのようなもので腰を支えれば少しはましになるので、生理の前や最中はサポーターをして過ごしています。
どれもここ数年で生じたもので、直し方がわかりません。

A. 硬すぎるマットレスも柔らかすぎるマットレスもダメです

少し硬いマットレスであったり、逆に柔らかすぎるマットの時に、背骨と布団の間に隙間ができると痛くなります。

仰向けに寝た時に、硬すぎると腰の部分に隙間ができます。

逆に柔らかすぎるマットでは、隙間ができるのではありませんが、背骨が曲がるため、痛みを生じます。

そして、仰向けの状態で寝てしまったときは、朝に腰の痛みがあり、しばらく起き上がれません。

また、掛布団が薄いものだとうまく寝返りができないため、寝返りを打つときに余計に腰を使ってしまい、痛くなります。

さらに、枕に関しても同様のことが言えます。

高すぎるのや低すぎる枕は、寝返りが打ちずらいため、寝返りを打つ際に余計に腰を使うようになります。

腰をひねるように寝返りを打つため、じんわりとした痛みとピキッとした痛みが両方きます。

硬すぎるのも柔らかすぎるマットレスもダメで、かけ布団に関しても軽すぎるのもダメなので、何が良いのかわかりません。

A. 整体に通い、枕をオーダーメイドのものにしました

現在は月に一度整体に通っています。腰痛がひどいときは1週間に1度通っていました。

最初は、背骨の曲がりを矯正してもらい、また、様々な場所の可動域を広くするような体操などを行っていました。
やり始めは、激痛が走りますが、やっていくうちに慣れもありますが、症状が軽くなったように感じました。

普通の人ではわかりませんが、整体師さんにはどこを伸ばせがどこに効くのかわかるようで、太ももやふくらはぎ、肩など体中を矯正して頂き、ストレッチを行いました。

私自身は本当に効いているのか疑問にも思っていましたが、続けていくことで、1か月ほど経つと、夜眠る際の腰痛が現れなくなりました。

普段の生活で、まだ腰が痛くなることがありますが、症状が酷いときに比べたら、ずいぶん軽くなりました。

また、枕に関しても、きちんとお店で首の高さを測ってもらい作ったところ、寝返りがしやすくなり、腰のひねりが減りました

お金はかかりますが、これらのことをやってよかったと思います。今後も整体を続け、マットレスも自分に合ったものを購入しようと検討中です。

ご相談の内容から察すると、猫背が強く、背骨(胸椎)が大きく後ろに湾曲している分だけ、

腰椎部分も前側に大きく湾曲している体型の方だと思われます。

仰向けに寝ると胸椎は布団に強く当たり、腰椎は浮いてしまうため、痛みがあり、バランスも保てないため、落ち着きません。

硬すぎるマットレスを使うと腰椎が反るために痛みが出ます。

柔らかすぎるマットレスを使うと、胸椎が大きく沈むため痛みが強くなります

呼吸も浅くなるので、睡眠中に十分な酸素が教習できなくて、起きたときに疲労を感じます。

背骨が大きく曲がっているので、枕も、普通の枕では頸椎の角度と合わなくて、寝違えの原因になります。

幸い、枕はオーダーで解決できたようですが、姿勢は日によって変わりますから、合わないときは、タオルなどで調節して使ってください。

マットレスは体圧分散効果の高い細コイルマットレス(13層雲のやすらぎマットレス、シモンズなど)が良いと思います。

一般的なウレタンフォームのマットレスは体圧を分散するときに、部分に集中する体圧を背中全体に分散します。

分散されていても圧はかかるわけです。

細コイルのマットレスの場合はコイルの一つ一つが圧力を吸収して沈むので、体圧が少なくなります。

寝返るときはコイルが体を押し上げてくれる、寝返り補助機能もあります。

整体を月に一度というのは、標準のペースなので、整体を続けながら、ストレッチなどで十分に背骨や肩甲骨を伸ばし、背骨の痛みを無くすための姿勢改善を心がけてください。

 

腰痛改善マットレス、1位はどれ?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)