MENU

雲のやすらぎとエアウィーヴを徹底比較!本当に腰痛に良いのはどっち?

  

 

雲のやすらぎは、雲の上で寝ているかのような気持ちよさがあるとして人気がありますよね。一方エアウィーヴは、浅田真央さんなどスポーツ選手が愛用していることで有名となっています。

 

腰痛対策としても人気がある、雲のやすらぎとエアウィーヴ、果たして腰痛に良いのはどちらなのでしょうか

 

 

腰痛改善マットレスについて

 

腰痛改善マットレスには、様々な商品が販売されていますよね。あなたの腰痛もこれで完治!というような謳い文句がある商品も見受けられます。腰痛に悩む方からすれば、一刻も早くこの辛さから抜け出したいという思いがありますので、そのような謳い文句の寝具を購入してしまいがちです。

 

ですが、実はこの腰痛改善マットレスには、ある程度必要とされる条件があります
条件を満たしていないマットレスは、ただの敷物と変わりありません。

 

購入してから後悔することがないようにするためにも、条件を知っておくことが大切になります。

 

 

腰痛改善を目的とするマットレスに必要とされる条件

 

腰痛改善に効果を発揮するためには、以下のような条件を満たす必要があります。

 

 

  • 睡眠中の理想的な寝姿勢を保てること
  • 寝返りがうちやすいこと
  • 保湿性や通気性が良いこと
  • ニュートンが自分に合っていること
  • 返品保証やお試し制度があること

 

この5つの条件を満たしていることは、基本中の基本とも言えます。

 

 

睡眠中の理想的な寝姿勢を保てること

 

まず、睡眠中に理想的な寝姿勢を保つことが出来るかどうかは、とても重要なポイントです。

 

*理想的な寝姿勢って?

・仰向けで寝ている場合、横から見て背骨がS字カーブを描いていること
・横向きで寝ている場合、横から見て背骨がI字ライン(まっすぐ)になっていること

 

どうしてこのような寝姿勢であることが理想的なのかと言いますと、腰痛に直結する部分だからです。

 

人間の身体は、立っている間も背骨が緩やかなS字ラインを描いているのですが、この状態が一番身体に負担がない状態だと言われています。

 

この身体に負担がない状態で眠ることが出来れば、腰などへの負担が軽減され、腰痛の心配がなくなるのですね。

 

横向きで寝ている場合にも、横から見て背骨がまっすぐになっていなくては、身体に負担がかかってしまいます。
腰や肩が沈み込んでしまっている場合、背骨が変な曲がり方をしてしまい、腰にまで負担がかかります。

 

理想的な寝姿勢を保てるかどうかは、腰痛改善を目的に選ぶマットレスの第一条件といえるのです。

 

 

寝返りがうちやすいこと

 

人間は、寝ている間に20回近くも寝返りをうっていると言われています。

 

*寝返りにはどんな効果があるの?

寝返りをうつことで、体圧を分散したり、湿気を逃したり、筋肉や骨を正しい位置に修正しています。

 

寝返りをうつことで、骨や筋肉の位置を正しいところに戻すことで、身体の負担を軽減しているのです。

 

寝返りがうちづらくなると、体圧分散や除湿、骨や筋肉の位置修正が出来ないため、腰や首などに大きな負担がかかってしまいます。

 

 

保湿性や通気性が良いこと

 

保湿性や通気性が良いかどうかというのも重要なポイントです。

 

保湿性がなくては寒くて寝づらくなりますし、通気性が悪くては暑苦しくて睡眠の質が低下します

 

睡眠の質が低下してしまうと、頻繁に寝返りをうつことになるわけですが、マットレスが適していない場合にはさらに負担をかけることになりますよね。

 

この両者がしっかりと工夫されているかどうかという点も、とても大切なのですね。

 

 

ニュートンが自分に合っていること

 

マットレスには、N(ニュートン)という硬さを表している基準があります。

 

  60N以下 60〜100N 100N以上
柔らかさ

柔らかめ(低反発)

 

柔らかくもなく固くもない(普通) 硬め(高反発)

 

筋肉の付き方や量によって、腰痛予防が出来るマットレスは異なっています。
睡眠中に自分の身体のどの部分に体重がかかりやすいのかというのは、寝ている間には分かりません。

 

このニュートン別に自分にあったマットレスを使用することで、腰痛改善が見込めます。
100N以上のもので体重分散出来ているものを選ぶと、腰痛改善により効果的となります。

 

つまり、100N以下の低反発マットレスを選んでしまうと、腰痛が悪化することがありますので注意が必要です。

 

 

返品保証やお試し制度があること

 

そして、返品保証やお試し制度が整っていることも、腰痛改善マットレスに求める重要なポイントです。

 

マットレスは数千円という安い価格で購入出来るものではない上に、腰痛に効果があるかどうかは実際に横になってみなくては分からない部分もあります。

 

もし自分には合わなかった・・・となってしまっても、返品保証があれば何も問題ありませんよね。
返品保証もしくはお試し制度があるマットレスを選ぶことが大切です。

 

 

雲のやすらぎとエアウィーヴを比較!

 

 

では、上記のようなポイントを押さえつつ、雲のやすらぎとエアウィーヴを比較していきたいと思います。

 

 

雲のやすらぎ

 

雲のやすらぎは、厚さ17cmという分厚さがある羊毛敷布団です。
ふわふわとした寝心地で、とても気持ちがいいため、ストレス性の腰痛などには効果が期待出来ます

 

睡眠中の理想的な寝姿勢を保てる?

 

 

まずは、睡眠中にしっかりと身体を支え、理想的な姿勢を保つサポートを行ってくれるのかを見ていきましょう!

 

雲のやすらぎは、体圧を分散するための素材(アルファマット)が使用されており、身体は適度に沈む仕組みになっています。
適度な身体の沈み込みは理想的な寝姿勢を保つのに適していると言えますが、雲のやすらぎの場合は反発力が低めなので、体重が重い方や筋肉量が多い方にはあまり適していません

 

*雲のやすらぎは、左の図のAにあたります。

寝返りはうちやすい?

 

次に、寝返りはうちやすいのかどうかを見ていきましょう!

 

 

前述の通り、雲のやすらぎは反発力が低めとなるため、寝返りの際に身体を押し上げてくれる効果は期待出来ません

 

筋肉量が少ない方であればもともと身体がそこまで沈み込むわけではないので、寝返りがしやすいかもしれませんが、
筋肉量が多めの方の場合、寝返りをうつ際に沈み込んでしまった身体を持ち上げる余分な力が働くため、寝返りはうちづらくなります。

 

保湿性や通気性は良い?

 

次に、保湿性や通気性についてですが、雲のやすらぎは夏でも暑くなることがなく、湿気がこもらないという特徴があります。
表面がさらさらしているので、ムレなども特に気になることはありません。

 

 

ニュートンはいくつ?

 

雲のやすらぎのニュートンについては、記載されておらず分かりませんでした。
柔らかさから推測すると、大体100N以下もしくは100N程度と思われます。

 

高反発とは言いがたい柔らかさとなっていますので、低反発の部類として捉えると良いと思います。

 

返品保証は?

 

雲のやすらぎには返品保証がありません
そのため、自分に合っているマットレスかどうかを試してみることが出来ず、購入するしかありません。

 

筋肉量が多い方や体重が重い方の場合には、雲のやすらぎの効果はあまり得ることが出来ないと思われます。
体圧分散のための素材が使用されているとは言え、腰痛対策マットレスというわけではありませんので、効果が薄いのです。

 

反対に、筋肉量が少ない方の場合には、寝返りも楽に出来ますし、包み込まれる感覚があるためリラックスして眠ることが出来ます。

 

 

エアウィーヴ

 

エアウィーヴは、厚さ4cmというかなり薄いマットレスです。
さらに、かなり硬めのマットレスとなっているため、身体が全く沈みません。

 

睡眠中の理想的な寝姿勢を保てる?

 

身体が沈まないということは、寝ている間の理想的な姿勢であるS字カーブが保てないということです。
特に、体重が軽い方の場合にはマットレスがとても硬く感じられ、快適な寝心地とは言いがたいものがあります。
体重が重い方の場合には多少の沈み込みがありますが、4cmという薄さのため、底づきしてしまう可能性もあります

 

 

*エアウィーヴは、左の図のBにあたります。

 

寝返りはうちやすい?

 

 

エアウィーヴはポリエステルのカバーとなっているため、寝返りをうつ際など音が気になる場合があります。
このような音が気になる方の場合、リラックスして眠ることが難しくなりますので、腰痛予防という意味では難しい部分もあります。

 

また、特別楽に寝返りが出来る硬さというわけではなく、普段どおりの寝返りのうちやすさだと感じる程度です。

 

 

保湿性や通気性は良い?

 

そして、ポリエステルということで通気性は良いものの、保湿性がやや低く感じられます。
夏場は良くても、厚さが薄いことも重なり、冬は少し寒い感じがあるかもしれません。

 

ニュートンはいくつ?

 

エアウィーヴは、100Nとなっています。
上記の表を参照すると、100Nは高反発マットレスの硬さということになりますよね。

 

高反発というところは良いのですが、エアウィーヴは4cmというとても薄いマットレスとなっていることから、
逆に硬すぎたり、筋肉量の多い方の場合には床に底づきしてしまったりする可能性があります。

 

 

返品保証は?

 

エアウィーヴは、2016年3月に返品保証キャンペーンを行っていたようですが、終了となっていました。

 

ただ、公式サイトを見てみると、エアウィーヴの詳細ページに30日間返品OKという記載がありました。
実際のところが曖昧なので、このような部分がはっきりと記されているところのマットレスがおすすめです。

 

 

まとめ 

 

上記の内容を見てみると、どちらのマットレスも腰痛には適していないということが言えます。理想的な寝姿勢を保つにも、どちらもそれぞれに欠点があります。

 

ですが、モットンは、理想的な寝姿勢が保てる他、上記の5つのポイント全てを満たしているマットレスとなっています。モットンなら90日間の返金保証がありますので、自分に合っているかどうか、まずは試してみてはいかがでしょうか。

 

腰痛改善にはモットンが一番!

モットンがおすすめの理由は?