MENU

失敗する前に!モットンを1年間使った体験談と整体師さんにも見てもらいました!

 

 

腰痛改善に効果の高いと言われているモットンですが本当に腰痛改善の効果が高いのか1年間使用した人の体験者が感じたメリットとデメリットを紹介。
 
そしてご自身で整体院を運営されている整体師の仲光先生にもモットンを見てもらいどんな人におすすめできるのかを聞いてみました。

 

この記事ではモットンの購入を悩んでいるあなたに1年間モットンのマットレスを使ったリアルな体験談と専門家の意見が分かります。

 

モットンの基本情報を徹底的に調べました!

まずはモットンの基本情報を見ていきましょう。

 

項目

モットン

会社名
(販売元)

株式会社グリボー モットンジャパン
住所 福岡県福岡市中央区天神3-8-13gleat leapビル303
会社のHP http://www.grybo.co/
商品代金以外の必要金額

配送手数料:全国一律3,942円(1個あたり)
代金引換手数料:648円
銀行振り込み手数料(銀行により変動)

お支払い方法

代金引換
銀行振込、
クレジットカード

モットンの
詳細ページ

http://motton-japan.com/

となっています。

 

実際にお得に購入するのなら公式サイトからのクレジットカードでの購入すると支払手数料などがかからずモットンのマットレス本体の値段で購入する事が可能です。

モットンのマットレスの種類は?

モットンのマットレスの種類についても詳しく調べてみました。

価格について

サイズ

値段

シングル(幅97cm) 39,800円
セミダブル(幅120cm) 49,800円
ダブル(幅140cm) 59,800円

 

所在地を調べた所、住所がビルの3階にあり少し会社としては規模は小さく歴史はまだ浅い印象があります。

 

そこで、少し会社にも不安があったので直接、モットンの販売元でもある株式会社グリボーさんに直撃インタビューをしてみました。インタビュー記事はコチラ

 

実際にインタビューをさせてもらい小さい会社ではありますが、マットレスへのこだわりや熱意を感じました。

 

ただ、ネットでモットンと調べるとこのように「モットン 悪評」などと悪い口コミもあるのが事実です。そこで実際に私なりに調べてみました。

このようにモットンと打つと悪評と出てくるのでおそらくみなさんも悪評が本当なのか気になっているのだと思います。

モットンの悪い口コミをチェック

モットンを実際に使用した方々の口コミを集めてみました。この中にどのような怪しい口コミがあるのか、見ていきましょう。

 

 

人による!?
  (40代 Mさん)

 

モットンは腰痛対策にとても良いと公式サイトにもありましたし、噂でも聞いていたので購入しました。もちろん安い買い物ではありませんが、返金保証もあったので勇気を出してみたのです。

 

もともと腰痛持ちだったのですが、マットレスを購入するのは初めてでした。期待していたのですが、小柄な体格の私には合わなかったようで、寝ている間に疲れがたまったように感じました。小柄な方にはおすすめできないマットレスです。


寝心地だけは良い・・・ 
  (20代 Aさん)

 

10代の頃から軽い腰痛持ちで、ベッドや布団などこだわりがありました。ですが、20代になって一人暮らしをするようになってからは、部屋が狭く、ベッドも好きなものを自由に置けなくなりました。

 

そこで、腰痛対策に良いものをと探していたところ、モットンのマットレスを見つけました。モットンは確かに寝心地が良く、ぐっすり眠ることが出来るマットレスだと感じたのですが、腰痛が改善されることはありませんでした。ただ、質の良い睡眠をとれているのか、疲れづらくなったようには思います。

 

通気性が悪い気がする
  (30代 Kさん)

 

ダニなどが繁殖しないような仕組みがとられていると聞いていたのですが、なんだか身体がかゆいような気がするので、通気性が悪いのではないかと思います。

 

梅雨の季節なんかは身体がベタベタするのが嫌なので、夏場が終わってから使用しています。その辺りがもう少ししっかりされていれば、年中使用したいと思っているのですが・・・

 

口コミを見ると怪しく感じる・・・

上記のような口コミを見てみると、実際に使用された方は様々な感想を持っておられることが分かります。

 

モットンは良いマットレス!と言われている中で、悪い口コミなどを見ると、やはりどうしても怪しく感じてしまいますよね

 

もしかして、良い口コミは全部でっちあげなのでは・・・?なんて不安も出てくるかもしれません。まずは気になる口コミの中から、ポイントとなる部分を1つずつ見ていきましょう。

小柄な人にはモットンは合わない?!

いくつかの口コミに出ていましたが、小柄な体格の方には合わないというのは本当なのでしょうか。

 

女性の場合には小柄な方も多いので、その点は購入前にはっきりさせておきたいですよね。

 

この口コミを調べていると2016年の口コミでモットンが小柄な女性に合わないという口コミが多く上がっていました。
おそらくそれらの口コミを見てモットンは新しく3つの固さのタイプを出して改善したように思われます。

 

2017年現在では3つの固さのタイプから選べます。

 

私が購入した2016年には140Nの固さしかありませんでしたが、小柄な人や大柄な人に向けても合う方さを提供するようになりました。

 

2017年現在では3つの固さから選べるようになっています。

 

体重 サイズ
45kg以下 100N
45〜80kg 140N
85kg以上 170N

となっています。

 

モットンは通気性が悪い!?

では、通気性が悪いというのは、本当なのでしょうか?

 

通気性が悪いとマットレスがジメジメしてしまい寝苦しい状態になってしまいますよね。

 

モットンのお手入れ方法としては、週に1回以上、風通しの良い場所に立てかけるというだけでOKです。

 

ただ通気性の良いとされている西川airムアツ布団よりは通気性が悪くなりますが低反発のテンピュールのマットレスと比較すると通気性は良いので通気性に関しては特に普通のマットレスと変わりはありません。実際に私もテンピュールが暑くてモットンに変ました。モットンの暑さに関する記事はコチラ

 

ちなみに点で支えるマットレスタイプにもデメリットがあり、持久性がないという事です。

 

 

実際に点で支えるムアツ布団ですが、このように根元が割れてきてしまうので、点で支えるマットレスは長い年数使用する事ができないとムアツ布団の店員さんも話していました。

 

話が少しそれましたが、モットンのマットレスの通気性は普通という事です。これがモットンの中のウレタン素材で、適度に通気性もあります。

 

 

湿気が気になる方は、布団乾燥機を使用することが可能ですのでお持ちの場合はそのような方法で湿気をとることもおすすめです。

 

もともと通気性が良い素材を使用しているため1年間利用してモットンのマットレスかゆみが出たりすることはありませんでした。

 

また西川airやムアツは3年くらいしか実際に使えませんが、モットンの場合耐久試験の結果8年以上使用する事が可能という事なので長く使えるのも特徴の1つです。長持ちさせる方法についても聞いてみましたので気になる方は参考にしてみて下さい。

モットンを最安値で購入するなら?

 

ネット販売の大手、楽天、アマゾン、ヤフーでもそれぞれモットンの価格を調べてみました。

 

検索サイト

価格(シングルで検索)

楽天(検索結果はコチラ) 取り扱いなし
アマゾン(検索結果はコチラ) 取り扱いなし
Yahoo!(検索結果はコチラ) 95,061円
公式サイト(検索結果はコチラ) 39,800円

となっています。

 

検索結果をクリックすると各ページに飛ぶようになっています。アマゾンは、2017年2月時点で在庫がない状態になっていました。モットンを購入する場合公式サイトが一番安く購入できます。

 

モットンの気になる返品制度は?

 

マットレスの返品制度を色々調べましたが使用していても返品可能なのはモットンだけでした。

 

西川エアーやairweaveなども調べましたが、返品制度がなかったのでこの制度は自分の体に合うかどうかしっかりと確かめる事が出来ます。

 

返品制度を詳しくしりたい、フォームの書き方がどのようなものなのかを知りたい人はどこよりも分かりやすいモットンの返品手順まとめの記事を読んで下さい。実際に少人数ですがモットンが合わなくて2.7%の人が返品をしています。

 

モットンの返品する時に注意したいのが3点あります。
1、保証書を無くさない事

返品する時に保証書とカバーの同封が必要になるので、家にモットンが届いた時に必ずモットンの保証書を無くさないように注意して下さい。

 

2、90日から114日の期間内に返す事

よく勘違いするのがモットンの返品期間が90日以内とい勘違いしますが、90日使用してその効果をちゃんと確かめた後の2週間後に返品が可能という事です。

 

×=購入してから90日以内
○=購入してから90日以降その後2週間以内に返品

という事です。間違えやすいのでしっかりと抑えておきましょう。

 

3、返品にもお金がかかる

どこのサイトを見ても返品がただみたいな書き方をしていますが実質返品にもお金がかかります。返品の時にかかる費用として、配達手数料が実費負担になりかかります。

 

会社にもよりますが、大体3,900円程平均してかかります。またそれ以外にも返品時の銀行手数料などもかかるのでしっかりと目を通しておく必要があります。

 

どこよりも分かりやすいモットンの返品制度の記事はコチラ

 

慢性的な腰痛で10年悩む管理人がモットンを実際に1年間使用しました!

 

 

慢性的腰痛歴10年のサイトの管理人ゆう子です!

 

私自身は、車で交通事故に以前あってしまい首のむち打ち状態が続き慢性的な腰痛に10年以上悩まされていて今までマットレスを何個も試してきました。

 

 

実際に私がモットンを購入したのが2015年の9月です。現在2017年の2月なので1年以上しています。

 

(購入した時のメールで2015年9月17日に購入しています。) 

 

 

 

モットンが家に届きました!到着した時の様子をレポートします!

 

早速注文していたモットンが届きました。箱の中に圧縮された状態で入っており重さは5kgです。

 

5kgというと重いわけではありませんが、配達の方が部屋の中まで運んでくださって助かりました。

 

 

ダンボールから出してみるとこんな感じです袋に入って少し圧縮されて包装されています。

 

 

厚みを測ってみると、厚さは圧縮状態で5cmとなっていました。

 

袋から出してみると、少しずつ膨らみ始め、最終的には厚さが8cmになっていました

 

床に直置きして使用するように設計されているようなので、今回の検証でもこのまま床に直置きして使用したいと思います。

 

モットンは独特な香りがするのか!? 

素材は主にウレタンフォームでできており、箱から出しただけでも新品のウレタンの臭いがする感じがあります。
 
この臭いが気になる方もおられると思いますが、臭いは陰干しをすることで消えるそうなので心配ありません。カバーは柔らかめの素材でできているので、顔や身体にあたる感触が気持ちよく感じられます。

 

もちろんカバーは取り外して洗濯することができますのでこのまま使用する事ももちろん可能です。

モットンはどう使えばいいの?直置きは大丈夫?

 

 私は、モットンをベット用のマットレスの上に置いて寝ていますが特にこれで腰痛が悪化したなどの症状はありませんでした。

 

またモットンは床に置くのにも十分の厚みもあるので床に直置きしても大丈夫です。

 

直置きする場合は、梅雨などの湿気が多い時にカビなどが来る可能性があるので、1週間に1回は日陰て干してあげるよにするとモットンが長く使えます。モットンの寿命についての記事はコチラ

 

モットンの使用するにあたってどこが良いのか?
ベットの上=◎
マットレス(低反発以外)の上=◎
床に直置き=〇
畳=〇

 

となります。実際は今は、以前使っていたマットレスの上にモットンを置いて使うようにしています。

 

このような形で1年以上使っていますが、腰痛になった事もありませんし腰痛がむしろ改善されていっています。

 

実際にモットンを1年間使用してどうだったのか?

 

 

 

一番効果を楽に感じたのは朝の寝起きの腰痛がなくなった事!

 

実は最初の2〜3週間くらいは全く効果がでずに、このままモットンが効果なかったら返品しようかと悩んでいたくらいです。
 
そこでモットンに尋ねてみるとまた体がモットンになじんでいない。(骨格などの体がなじむのに一ヶ月くらいかかるとの事)と言われて、そのままさらに使い続けていました。

 

使い続ける事1ヶ月付近から効果が出て朝起きた時に、酷い時は朝起き上がるのに1分以上かかる程腰痛酷くなる事もあったのですが1ヶ月を過ぎてそこから1年以上朝起きる時の腰痛の痛みが全く出ないようになりました。
 
ただ、少しデメリットとして感じるのが真夏の汗ばむ時期です。以前はモットンを購入する前はairweaveを使用していたのですがairweaveと比較すると夏場は少し湿気が溜まるので3日に1回は干して湿気を抜くようにしています。

 

夏場の通気性があまりよくないように個人的には思いました。(詳しくはairweavetとモットンの比較記事を参考にしてください。)

 

とはいえ、夏場や寒さの酷い冬場でも長い時間悩んでいた腰痛が、収まったのも事実です。マットレスは高い買い物ですがちゃんと自分の体に合うものに出会えてよかったと思いました。

 

私は今までテンピュール、雲のやすらぎ、airweaveを使っているのですがそれぞれのマットレスとモットンとも比較しているので気になる方は確認してみ下さい。

 

モットンと他のマットレスの比較!

モットンと雲の安らぎを徹底比較しました。
腰痛マットレスの中でも特に人気の高いモットンと雲のやすらぎを徹底的に比較してみました。

 

モットンとairweaveのマットレスを徹底比較
浅田真央ちゃんでおなじみのマットレスairweavとモットンを徹底比較してみましtあ。

【検証】整体師の仲光先生にも寝てもらいモットンを見てもらいました!

 

 

広島で整体院を経営する仲光です!モットンが腰痛に良いのか検証していきたいと思います!

 

私もモットンで寝てみてモットンで腰痛が改善できるのか見ていきたいと思います。

 

 

体格の基本情報
体重=53kg
身長=153cm
体格=やや筋肉質

いい姿勢を保てるかどうかをチェックしてみましょう!
仰向けに寝てみたところ、お尻・肩甲骨・後頭部が、軽くモットンに沈みました。

 

肩やお尻、頭などの身体の重い部分が適度に沈み込むことで、モットンが背骨のS字カーブを作り、理想的な姿勢を保ってくれます。そのため、寝入るまでは良い姿勢を保つことができます。

 

ただ、長時間寝ていると筋肉から力が抜けていきますので、モットンの強めの反発力に押し上げられて少しお尻が浮き、S字カーブが緩くなったように思いました。

 

 

では次に横向きに寝てみたいと思います。横向きに寝る際には、首を水平に保つためにも枕を使用するようにしました。

 

オレンジ色の線が背骨の位置です。肩とお尻がモットンに適度に沈むため、背骨は真っ直ぐになり、理想的な寝姿勢を保つことができました。

 

横向き寝の場合には骨盤の側面に負担がかかりやすいのですが、モットンが体圧をしっかり分散してくれるため、負担は感じられませんでした。

 

母にも手伝ってもらい検証しました!

 

体格の基本情報
体重=43kg
身長=148cm
体格=筋肉は少ない

 

肩の筋肉で身体を支えることができないため、肩甲骨が大きく内側に入り込み、マットレスの方へ沈んでいるのが分かります。

 

背骨は猫背の状態になり、マットレス側に落ち込んでしまいました。寝返りに関しては、モットンの押し上げる力が強いため勢いがついてしまい、やや難しく感じたとのことです。

 

実はこれ140Nのモットンマットレスのため体の小さい母の体格にあっていない事が分かりました

 
そのため母の検証結果を見ても分かるように必ず体にあったモットンの固さを選ぶ必要がある事が分かります。

上の方にも書きましたがもう一度購入前にしっかりとあなたの体に合う適切な方がを確認してください。

 

腰痛対策マットレスであるモットンは、ほどよい沈み込みで背骨を真っ直ぐに支えてくれる上に、寝返りをうつ際には適度な反発力で寝返りをサポートしてくれます

 

私の場合には楽に眠ることができ、睡眠中の寝返りや姿勢を保つためのエネルギーが少なくて済むからか、朝目覚めてから身体を起こすまでのダルい感覚もなくなりました。

 

ですが、筋肉量が少なすぎる方の場合には、モットンの反発力で身体が浮いてしまうことで、寝ている間の姿勢のバランスが保ちづらくなってしまうのでしっかりと体にあった固さのモットンを選ぶ必要があります。

 

モットンは寝た時の背骨の位置を正しい位置に保ち、寝た時に身体を支えてくれる筋肉を休ませることができます。

 

整体師である私から見てモットンは日中に身体を動かして疲れが溜まっている方や、偏った筋肉の使い方をして腰痛になっている方などに向いていると思います。そのような方が使用されることで、モットンの腰痛対策効果を実感しやすいと言えます。

 

〇 モットンのメリット
この業界初!安心の90日間返金保証がついている
通気性の良い素材を使用しているため寝苦しさがない
94.2%の人が満足!満足度が高い
他の商品と比べてコスパが良い!
あなたに合った固さを選べるため寝返りが打ちやすい

 

× モットンのデメリット
はじめはウレタンの匂いがあるため陰干しの必要がある
まだテレビCMなどをしていないため少し知名度が低い
返品制度のシステムが最初わかりにくい(詳しくはどこよりも分かりやすいモットン返品制度の記事を)

モットンは、腰痛に良いマットレスを10商品比較した中で一番腰痛の解消効果が高いマットレスでした。
 
返品制度もしっかりしていて製品自体に自信があるからこそできる事です。一度慢性的な腰痛に困っている人は試してみるといいかもしれませんね。

 

 

 

 

もう一度腰痛マットレスのランキングを確認する方はコチラ