MENU

エアウィーヴマットレスを買って失敗する人とは?整体師が徹底解説

始めまして、広島で整体院を運営する仲光です。
作業療法士などの資格を保有しております。整体院のFBページはコチラ

 

 

最高の睡眠がとれるというマットレス「エアウィーヴ」が本当に腰痛に効果があるのか、実際に私が体験者になって見ていきたいと思います。

 

 

腰痛に良いマットレスの5つの条件とは?

 

「エアウィーヴ」を使うと、寝起きの爽快感がその日一日持続するそうです。なぜ、寝起きが爽快になるのでしょうか。その謎を検証しました。まずは、検証の土台になる、良いマットレスの条件を紹介します。

 

@睡眠中の姿勢を保つ

 

背骨には、体を支えるために、頸椎が前方へ、胸椎が後方へ、腰椎が前方へゆるやかに曲がるS字カーブがあります。
寝ているときに背骨が歪むと、腰痛や寝起きの体の痛みの原因になります。
S字カーブを正しい位置に保つ機能はマットレス選びの条件の一つです。

 

A寝返りができる広さと硬さ

 

睡眠中の寝返りは、姿勢を変えて血行を良くすることで、日中に使ってバランスが崩れた筋肉や骨格のずれなどを直します。

 

一晩の寝がえり回数は、一般的な人で20〜30回と言われています
寝返りを打つためには、安心して姿勢を変えられる十分な広さが必要です。
また、マットレスが硬すぎて寝返りを打つときに体が反発する、または、柔らかすぎて体が沈み込むマットレスは、寝返りがしにくいマットレスです。寝返りをしやすいマットレスは、適度な硬さがあります

 

B通気性がよく、清潔に使えるか

 

毎日使うマットレスは、汗による湿気がこもりやすく、垢などの汚れも溜まります。そうすると、高温多湿を好み、老廃物をエサにするダニやカビが増えます。
マットレスには、通気性が良くて湿気がこもらない、なおかつ、寝やすい温度を保てる。そして、お手入れが簡単で清潔に使える機能が求められます。

 

C体格による使用感の違い

 

マットレスの使用感は、個人の体格によって変わります。誰かにいいマットレスだからと勧められても、それが自分に合うかどうかは使ってみないと分かりません。
そして、使い心地の違いは個人の体格による違い、生活習慣による違いが影響します。
この記事では、個人の筋肉量の違いによるマットレスの使用感の違いを比べます。

 

Dその他、使用説明書には無い気付きなど

 

先の4つのポイント以外に、気付いたポイントを紹介します。それでは、「エアウィーヴ」の検証を始めましょう。

 

マットレス紹介

 

「エアウィーヴ」には、用途に合わせてたくさんの種類があります。今回、検証するのは「エアウィーヴ・ライト」です。

 

小さくて軽い箱です。この中に、マットレスが入っているとは思えないほどです。

 

 

圧縮されてもいません。丸めた状態で入っていました。

 

 

 

6畳フローリングに置きました。薄いです。

 

 

厚みを測りましょう。
しつこいようですが、薄いです。4cmしかありません

 

 

素材はポリエステルです。太めの繊維を組み合わせてシート状にし、弾力を作っています。ポリエステルなので臭いはありません。同じくポリエステルの外カバーは、ツルツルした感触です。

 

 

エアウィーヴマットレスの寝心地を検証していきます!

 

参考に私の体験です

 

項目 数値
身長 158cm
体重 53kg
筋肉量 標準より筋肉質

 

 

検証項目@睡眠中の姿勢を見ます

 

仰向き寝では、背骨のS字カーブを良い位置に保てました
横向き寝るでも、背骨は真っすぐです。下の写真は上になった肩が前に落ちたため、ひねりが入りましたが、背骨の線は崩れていません。

 

 

 

検証項目A寝返りができる広さと硬さ

 

エアウィーヴは、手持ちのマットレスや布団の上に置いて使います。
普段使っている薄い布団の上に置きました。
記者の薄い布団は硬いのですが、エアウィーヴも硬いので、二枚重ねても柔らかさは感じませんでした

 

 

 

硬くても体は反発せず、普段通りの寝返りができました。エアウィーヴを使ったから、特に楽に寝返りができた、という感覚はありませんでした。

 

検証項目B通気性が良く、清潔に使えるか

 

ポリエステル繊維なので通気性はとても良いです。ダニやカビのエサになる有機物がなく、清潔に使えます。しかし、寝てみたら、通気性が良過ぎて保温性が低く、寒かったです。

 

両面仕様になっていて、表面は夏用冬用になっているのですが、冬用面でも寒いです。布団の中が温まるまで時間がかかりました。

 

清潔を保つための手入れについては、通気性が良いので、干さなくてもよさそうです。使用説明書にも日頃の布団干しについては書いてありませんでした。エアウィーヴのポリエステル繊維は水分を吸収しないため、洗濯ができます。
これは、ウレタンや綿でできたマットレスには無いメリットです。

 

検証項目C体格による使用感の違い

 

ここまでの検証は、標準より筋肉量が多い記者が担当しました。筋肉量が多いと、マットレスに頼らなくても睡眠中の良い姿勢を保てます。

 

しかし、筋肉量が少ないと、マットレスを使って睡眠中の姿勢を保つほうが眠りやすくなります。そこで、記者以外にもう一人、寝心地を試してもらいました。

 

母にもエアウィーヴのマットレスで寝てもらい見てもらいました!

 

彼女は、過去に低反発マットレスを使用して、マットレスに体が沈み込んでしまい、筋力がないために体を動かせなくなって、腰痛になったことがあります。筋肉が少ないので、硬いマットレスを使うと体が痛くなります。

 

 

項目 数値
身長 150cm
体重 48kg
筋肉量 少なめ

 

 

・睡眠中の姿勢を見ます

 

仰向け寝では、背骨を真っすぐに保てました。S字カーブはやや平たく潰れましたが、大きく崩れはしませんでした。
横向き寝では、背骨を真っ直ぐに保てています。骨盤や肩甲骨も良い位置にあります。

 

 

・寝返りをうてる広さと硬さ

 

寝返りはできますが、エアウィーヴは硬いので、肩が少し痛かったそうです。

 

・寝てみた感想

 

硬いので熟睡できない、と本人がいうので、昼寝をしてもらいました。やはり筋肉の薄い体には硬すぎて、骨に響く感じがして全身が痛くなりました。
 

検証項目D使用説明書にはない気付き

 

ポリエステル繊維の中身とポリエステルのカバーなので、繊維どうしが滑る感覚があります。気になる方は、お気に入りの感触のシーツなどを敷いた方がいいかもしれません。

 

片付けるときに、しっかりたたむとポリエステル繊維の折り目がつきます。広げるときには繊維の折り目を広げないと、寝たときに折り目がゴツゴツと当たります。

 

まとめ

エアウィーヴの硬さは、体を酷使するスポーツ選手や芸能人の姿勢を支え、筋肉のバランスを整える働きがあります。標準より筋肉質の記者には、ちょうど良い硬さでした。

 

しかし、筋肉量の少ない人は、硬さを体の負担と感じる人もいます。エアウィーヴの長所が、短所になってしまいます。
整体師である記者から見ると、日頃から体を使うことが多い人に、エアウィーヴは向いていると思います。また、衛生を保つお手入れが簡単で、持ち運びがしやすいので、高機能マットレスの中では、最も使いやすいマットレスです。
エアウィーヴは用途によって、たくさんの種類があるので、自分に合った製品を見つけられれば、一生つき合えるマットレスだと思います。

 

という結果になりました。

 

エアウィーヴで腰痛を改善したい場合だと安いモデルのエアウィーヴライトでは、厚みがなく意味がない事が分かりました。
エアウィーヴの店頭インタビューの記事でも実際に店員さんもそいういう風に言っていました。

 

エアウィーヴの厚みのあるモデルになると8万円程するのでコスパがあまりよくなく、もし腰痛を取りたいのであれば、西川エアーやネットでも人気の高いモットンがおすすめです。

 

特に腰痛がなく、疲労感が取れないないのであれば寝心地を追求した雲のやすらぎであればエアウィーヴライトと同じ価格帯の39,000円程でしっかりとしたマットレスを購入する事が出来るので参考にしてみて下さい。

 

 

ランキングが気になる方は、整体師が選んだ腰痛マットレスランキングを参考にしてください。