MENU

腰痛持ちに布団対策はあるの?

 

「腰痛が酷い・・・もしかして布団のせい?」と思っている方もおられるかもしれません。
確かに布団を変えて腰痛が改善したという話もあるのですが、もっと効果的な対策方法があります。

 

腰痛持ちの方の腰痛対策としておすすめの方法をご紹介するとともに、
その理由などもご説明していきたいと思います。

 

 

◆その腰痛、布団ではなくマットレスのせいかも?!

 

普段布団で寝ているけれど、腰痛が酷くなってしまった・・・
という方の場合、「これは布団のせいだ!」と思われている方もおられると思います。

 

ですが、実は布団ではなく、マットレスが原因となっていることが多いのです。

 

 

○布団を変えても意味がない

 

マットレスの上に敷布団を敷いているという方は少ないと思います。
大体の場合、敷布団の上にマットレスを敷くか、マットレスのみという方が多いのではないでしょうか。
それを前提として考えると、マットレスの下にある布団を変えても意味がないことが分かります。

 

布団を変えるのではなく、マットレスを見直してみてください。
もしかすると、マットレスが薄すぎたり、マットレスが柔らかすぎるのかもしれません。

 

マットレスが薄くても柔らかすぎても、腰痛が悪化する可能性があります。

 

 

○なぜマットレスで腰痛が悪化するの?

 

では、どうしてマットレスで腰痛が悪化するのでしょうか。

 

マットレスが薄すぎたり柔らかすぎたりすることで寝返りが打ちづらくなり
腰周りの血行が悪くなったり、筋肉が凝ってしまったりすることがあります。

 

また、柔らかすぎるマットレスでは、お尻などの身体の重い部分が沈んでしまい
それを支えようと余分な力を使うことになるのです。
そうなると、腰には大きな負担がかかってしまい、腰痛が悪化してしまいます。

 

 

◆腰痛対策にはマットレスを!

 

腰痛対策には、マットレスを変更するということがおすすめです。
ただ、マットレスなら何でも良いというわけではありません。

 

そこで、腰痛持ちの方のマットレスの選び方についてご紹介していきたいと思います。

 

 

○低反発ではなく高反発マットレスを選ぶ

 

低反発マットレスではなく、高反発マットレスを選ぶというのが重要なポイントとなります。

 

高反発マットレスであれば、不自然に身体の重い部分が沈む事がなく
寝ている間に理想的な姿勢を保つ事が可能となります。

 

さらに、寝返りも打ちやすくなりますので、血流が滞るということもありません。

 

高反発マットレスは耐久力が高く、通気性もとても良いものが多くあります。
夏でも快適に眠ることが出来ますし、状態を維持しながら長く使用することが出来ます。

 

 

○硬すぎても柔らかすぎてもダメ

 

マットレスは、硬すぎても柔らかすぎても良くありません。
柔らかすぎる場合には、前述のとおり身体が沈みこんでしまいますし、
硬すぎる場合には、腰が浮いた状態になってしまい、腰に負担がかかります

 

丁度良い硬さを見つけるのは大変ですが、
高反発マットレスは値段も安いわけではありませんので、時間をかけて選ぶことが大切になります。

 

 

◆敷布団が勿体無い・・・そんな時は!

 

マットレスを購入したからといって、敷布団を捨ててしまうのは勿体無いですよね。
そこで、敷布団を無駄にしない使い方を考えてみましょう!

 

 

○敷布団をマットレスの上に敷いてみる

 

マットレスの上に敷布団を敷いて、横になってみてください。
その際、腰痛が少し楽に感じるということであれば、マットレスが硬すぎる可能性があります

 

同じ高反発マットレスでももう少し柔らかいものに変えてみると、
腰痛を軽減していくことが出来る可能性が高まります。

 

ただ、敷布団をマットレスの上に敷いたほうが楽だからという理由で、
敷布団を敷きっぱなしにするということは避けてください。
マットレスが本来の機能を発揮することができなくなってしまいます。

 

敷布団はマットレスの下に敷くか、もしくは敷かないということも重要です。

 

腰痛改善マットレス、1位はどれ?

人気の腰痛改善マットレス、1位に輝いたのはどれ?!