MENU

肩凝りが腰痛に直結している理由とは?腰痛をマットレスで改善して肩凝りを楽に!

 

パソコンの前で一日中座って仕事をしているという方や、前かがみになっていることが多いという方の場合、
腰痛と同時に肩凝りなども起きているのではないでしょうか。

 

目が疲れたり、無理な姿勢を続けていると、肩凝りや腰痛の原因となります。
ですが、肩凝りと腰痛が同時に起きるのかというのは、なんとも不思議ですよね。

 

この肩凝りと腰痛には、実は深い関係があったのです。

 

 

◆肩凝りと腰痛の関係は?

 

肩凝りと腰痛・・・肩と腰では身体の部位も離れているために、
どうして同時に痛くなるのかが疑問だという方もおられるのではないでしょうか。

 

では早速、肩凝りと腰痛の関係について見てみましょう。

 

 

○肩凝りと腰痛の繋がり

 

肩凝りと腰痛が同時に起きるという方はとても多いと思います。
それもそのはず!肩凝りと腰痛にはとても深い繋がりがあるのです。

 

デスクワークなどで、ずっと座りっぱなしでパソコンを眺めているという方を例に挙げてみます。
パソコンを見続けることで、目にかなりの負担がかかります。
同じ姿勢を何時間も続けながら首で頭を支えることで、肩にも大きな負担がかかります。

 

同じ姿勢でいることによって、肩や腰への負担が大きくなり、血行も悪くなります。
血行が悪くなると老廃物が溜まると同時に、筋肉が固まったり疲れたりしてしまうのです。

 

肩の筋肉が凝り固まっていると、腰にまで負担がかかることになり、
肩凝りと腰痛が同時に引き起こされてしまいます。

 

 

○筋肉の疲れと血行不良が原因

 

前述のとおり、筋肉の疲れや血行不良によって、肩凝りと腰痛が引き起こされることになります。
これらのことは、デスクワークに限らず、
重いものを持つ作業を行っている方や、立ち仕事の方などにも当てはまります。

 

同じ姿勢を保ったり、重いものを持ち続けたりすることは、
肩と腰にとって悪い影響ばかりを与えてしまうものなのです。

 

 

◆肩凝りと腰痛は、マットレスで改善できる!

 

肩凝りと腰痛にはとても深い関係があることが分かりました。
では、どのように改善していくことが出来るのかということについて、見ていきたいと思います。

 

 

○筋肉の凝りと血行不良を改善すること

 

まずは、肩凝りと腰痛の原因となっている以下の2つのものを改善することが大切です。

 

1.筋肉の凝り
2.血行不良

 

この2つを改善することが出来れば、肩凝りも腰痛も改善することが出来ると言えます。
筋肉の凝りも血行不良も、同じような姿勢をしていたりすることが問題となります。

 

その同じような姿勢というのは、実は寝ている姿勢にも関係しているのです。

 

寝ている間に上手く寝返りを打てていれば、血流が悪くなる事を防ぐことが出来ます。
また、腰に負担がかからないような状態で眠る事が出来れば、痛みが生じることも予防できます

 

その予防ができるかどうかというのは、マットレスにかかっているとも言えます。

 

 

○マットレスで改善

 

マットレスが何故そんなに重要なのかということをご説明します。

 

 

柔らかすぎるマットレスは、寝返りが打ちづらい

 

マットレスが柔らかすぎる場合、寝返りが打ちづらくなり余分な力を使うことになります。
寝ることで疲労回復を行っているにも関わらず、余分な力を使うとなれば疲れはとれません。
寝返りが打てず同じ姿勢で眠り続けることで、筋肉が凝り固まり疲労してしまいます

 

寝返りが打ちづらくなれば、血流も滞ってしまいます。
そのことが、寝ている間に腰や肩に大きな負担をかけてしまうのです。

 

 

柔らかすぎるマットレスは、身体が部分的に沈みこんでしまう

 

また、柔らかいマットレスの場合、
肩やお尻といったような出っ張っている部分が、不自然に沈んでしまいます。

 

不自然な沈みこみが起きることで、腰や肩に大きな負担がかかります
余計な力を使うことになってしまいますので、寝ているにも関わらず、筋肉が凝ってしまうのです。

 

 

○マットレスは硬めのものを!

 

上記のような理由から、マットレスは硬めのものがおすすめです。
硬すぎても腰が浮いてしまう形になり、肩や腰に負担をかけてしまいますので、
”柔らかすぎず硬すぎないもの”を選ぶようにしたいところです。

 

マットレスに実際に横になってみて、身体の一部が変な沈み方をしないかどうか、
寝返りを打つ際に、どうも違和感があるということがないかどうか、
一度試してみる事がおすすめです。

 

整体師が教える!腰痛改善マットレスランキング

整体師が教えるマットレスの選び方!気になるランキングはこちら