MENU

腰椎椎間板ヘルニアの治療について!押さえておきたいポイントは?

 

「腰痛」と聞くと、腰椎椎間板ヘルニアをイメージするという方も多いのではないでしょうか。
それほどまでに、このヘルニアは多くの方が悩まされているものなのです。

 

ただの腰痛だと思っていたら、椎間板ヘルニアだったなんて話を聞いたこともあります。
足のしびれなども同時に引き起こされますので、なんだかおかしい・・・と気づく事が出来そうです。

 

ここでは、腰椎椎間板ヘルニアとはどのようなもので、どのような治療が行われるのか、
押さえておきたいポイントについてご説明していこうと思います。

 

 

◆腰椎椎間板ヘルニアって?

 

腰椎椎間板ヘルニアという言葉は聞いたことがあっても、
実際にどのような症状が現れるものなのかは良く分からないという方も多いと思います。

 

腰椎椎間板ヘルニアには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。
その点について、少し詳しく見てみましょう。

 

 

○椎間板ヘルニアは病気です

 

腰痛やぎっくり腰、坐骨神経痛などは、病気ではなく症状の名前となります。
ですが、腰椎椎間板ヘルニアは、立派な病気です。
「腰痛」は、ヘルニアやその他の疾患によって引き起こされるただの症状ということになります。

 

腰椎椎間板ヘルニアは、坐骨神経痛などを引き起こす原因となります。

 

 

○椎間板ヘルニアの症状は?

 

椎間板ヘルニアとなってしまった場合には、以下のような症状が現れます。

 

・腰やお尻などに痛みがある
・下肢にしびれや痛みがある
・足に思うように力が入らない
・背骨が曲がる

 

など、椎間板ヘルニアは、このような症状となります。
重症化すると、足に力が入らず、歩行障害が起きたり排尿障害が起きる可能性もあります

 

 

○原因は何・・・?

 

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板に亀裂が入ったり、
飛び出た部分が神経を圧迫したりすることによって、痛みや麻痺を引き起こします

飛び出た部分が脊髄の中枢神経や末梢神経を圧迫しているのです。

 

痺れが起きる範囲は、神経が圧迫されている部分によって異なっています。

 

 

◆どんな治療法があるの?

 

ヘルニアを治療するには手術が必要だと考えている方も多いと思います。
以前は、椎間板ヘルニアの治療には手術が絶対だとされていたようですが、
今ではそのような”絶対”はありません。

 

今は、保存療法によって治療を行う事が原則とされています。

 

 

○具体的な治療法は?

 

鎮痛薬では痛みが治まらず、日常生活が困難という場合などであれば
手術を行わなくてはならないこともあるのですが、
ほとんどが保存療法と呼ばれる治療によって改善するとされています。

 

・一時的に鎮痛薬を使用する
・腰に負担がかからない生活に変更する
・コルセットをつける
・腰痛体操などを実践する

 

このように、手術を行うわけではなく、
安静にしつつも適度に体操などを取り入れていく方法が主流となっています。

 

椎間板ヘルニアだと診断されても、
保存療法を行いながら、自然に治っていくのを待つという方法がとられることが多いため
あまり悲観的にならず、じっくりヘルニアと付き合っていく気持ちを持つことも大切です。

 

さっさと腰痛を改善したい!どんなマットレスが良いの?

腰痛改善マットレスを選ぶなら、ここがポイント!マットレスの選び方