MENU

腰痛の治療の種類

 

腰痛には様々な種類のものがあり、原因もそれぞれ異なります。
ですが、共通していることとしては、とにかく腰が痛いということですよね。

 

この腰痛、出来れば早く治したいと考える方が多いと思いますが、
その治療法も腰痛の種類によって異なり、様々な治療法が存在しています。

 

ストレッチや生活習慣の改善によって自然に治るような腰痛もあれば、
手術が必要となってしまう腰痛もあるのです。

 

そこで、腰痛治療にはどのような種類があるのかということについて、
ご紹介していこうと思います。

 

 

◆腰痛にはどんなものがある?

 

先ほど、腰痛には様々な種類のものがあるとご説明したのですが、
具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

 

骨や筋肉などが原因のもの

・ぎっくり腰
・腰椎椎間板ヘルニア
・腰部脊柱管狭窄症
・腰椎分離症
・すべり症
・変形性腰椎症
・脊椎カリエス    、、、など

 

 

内臓疾患などが原因のもの

・化膿性脊椎炎からくる腰痛
・子宮内膜症からくる腰痛
・月経痛からくる腰痛
・肝硬変や胆石症などからくる腰痛
・胃潰瘍からくる腰痛      、、、など

 

 

神経などが原因のもの

・坐骨神経痛     、、、など

 

 

これら以外にも様々な腰痛があり、それぞれ症状も様々です。
どのような場合に痛くなるのかという事も異なっていますので、治療法も様々なものがあります。

 

 

◆腰痛の治療の種類にはどんなものがあるの?

 

では、腰痛の治療の種類にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

手術が必要となる腰痛もあれば、そうではない腰痛もあります
もし疾患であった場合には手術が行われることがありますが、薬物療法なども存在しています。

 

具体的に、治療法を見てみましょう。

 

 

薬物療法

 

薬物療法では、炎症を抑える鎮痛剤や、筋肉の緊張を和らげるための筋弛緩剤などが使用されます。
ストレスから腰痛がきている場合には、抗うつ薬や精神安定剤が使用されることもあります。
また、血流が滞って腰痛が起きている場合、血流改善薬やビタミン剤なども使用されます。

 

 

装具療法

 

装具療法では、腰を保護して固定するという方法がとられます。
痛みを軽減することが出来、しっかりと腰を安定させることが可能です。

 

多く使用されるものとしては、コルセットやサポーターといったものです。
良い姿勢を保ったり、背骨の歪みなどを矯正したり、衝撃から守るという役割があります。

 

 

外科的療法

 

外科的療法は、手術によって腰痛を治療するという方法です。
多くの場合手術を行う事はありませんが、排尿障害や歩行障害などを伴う腰痛の場合
手術によって原因を取り除くという方法がとられる場合があります。

 

 

牽引療法

 

牽引療法は、専用の装置使用して腰椎の骨の感覚を広げていくものとなります。
気持ちが良いという感覚はあるようですが、
こちらの療法が腰痛の治療に効果があるという化学的根拠は、今のところないとも言われています。

 

 

電気・レーザー療法

 

こちらの方法では、電流を腰に流して刺激を送るというものです。
刺激によって筋肉が収縮するために、痛みを和らげたりすることが出来ます。
こちらも科学的根拠はないとされている治療法になります。

 

 

運動療法

 

運動療法は、その名の通り、適度に運動することによって
筋肉を鍛えたり、骨や靭帯などを強化していくことが目的となります。
腰痛体操、筋トレ、ウォーキングなどがこの療法にあたります。

 

体力がつけば、他の病気になることも予防できますし、一石二鳥です。

 

 

温熱療法

 

温熱療法は、身体を温めて血行を良くしていくものとなります。
血行が良くなる事で、痛みが緩和されたり、早く治りやすくなります。
電気や超音波などを使用している機器によって治療が行われます。

 

 

認知行動療法

 

ストレスなどから腰痛が引き起こされている場合に有効的な治療法です。
痛みを取り除く治療法ではなく、痛みに対しての考え方を変えていくようにする治療法です。

 

「腰が痛くて死んでしまいそう」→表現が大げさすぎる
「手術をしないと治らない」→強い思い込みである
「多少の痛みが残る場合には少しも動けない」→多少痛みがあっても動ける

 

ストレスなどからくる腰痛を訴える方々には、上記のような方がおられます。
表現が大げさになったり、強い思い込みやこだわり、
痛みが少しでもあれば動けないというような考え方をしている方に対し、
痛みに振り回されることなく、自分をしっかり持てるようにしていくものです。

 

 

放射線療法・化学療法

 

抗がん剤を使用したり、放射線をあててがん細胞を死滅させていく治療法となります。
高齢の方で、手術に耐えられないというような場合や、腫瘍があるという場合、
細菌感染が原因となって起きる腰痛などの場合に行われる治療法です。

 

 

◆医師の指示に従い、納得のいく治療を

 

腰痛の治療には、上記のような種類のものがあります。
腰を温めたりすることは家庭内でも出来ますが、
手術や特殊な機器を使用するとなると、家庭内ではできない事ばかりです。

 

どのような治療法をとるとしても、医師の話をよく聞き、
納得した上で治療を受けるようにしなくては、後悔してしまうこともあります
説明を聞き、分からないところは全て質問するようにしたいですね。

 

人気の腰痛改善マットレス、整体師が選ぶおすすめは?

整体師が選ぶ、おすすめの腰痛改善マットレスとは・・・