") | tag_insert(span) %>

MENU

反り腰の治し方にはストレッチが最適!これさえやれば改善!

 

反り腰は、男性よりは女性に見受けられることが多い反り腰は、実は腰痛と深い関係があるのです。
何気なく生活しているだけでは反り腰を改善していくことは難しいものです。まずは、寝ている間の姿勢から見なおしてみることが大切になります。
では、反り腰に良い寝方というのは、どのようなものがあるのでしょうか?

 

反り腰ってどんな状態?!

 

 

まずは、反り腰について少しだけご説明しておきたいと思います。
自覚症状がないことが多いので、一度ご自身が反り腰ではないかどうか、チェックしてみてください。

 

反り腰とは、女性に多く見られるもので文字通り腰が反ってしまっている状態を指します。
立っている状態を横から見て綺麗な正しい姿勢の場合、背骨が緩やかなS字カーブになっています。
お尻が突き出ることなく、腰部分も綺麗に伸びているのですね。
ですが、反り腰の場合には、背骨のS字カーブがかなり急になっていて、胸とお尻が突き出ているような状態になります。

 

反り腰の人は自覚症状がない?!

反り腰の方の中には、自覚症状がないという方も多くおられます。
猫背になることはダメだ!と考え、猫背を改善しようと思いっきり背筋を伸ばし、反り腰状態になってしまうことがあります。

 

腰が大きく沿っていても、普段は何も痛みを感じないことが多く、
寝る時に仰向けに寝ると腰が痛くなるということに違和感を感じ、反り腰に気づくということが多いのですね。

 

 

あなたは大丈夫?反り腰チェック!

反り腰かどうかを見極めるために、簡単なチェック項目をご用意しました。
自分が当てはまると思う数を数えて覚えておいてくださいね.

 

6問だけ!簡単反り腰チェック!

 

1.腰痛・肩凝りが酷い
2.痩せているのにお腹だけ出ている
3.壁に背中をくっつけると、壁と腰の間に拳が入る
4.ベッドに仰向けに寝ると、腰が浮いている状態になる
5.背筋を伸ばして!と言われると、張り切って伸ばしすぎてしまう
6.普段ハイヒールを履くことが多い

 

以上6問のうち、あなたはいくつ当てはまりましたか?

 

結果発表

 

0〜1個当てはまる・・・反り腰の可能性は低めです
2〜4個当てはまる・・・反り腰の可能性が高めです
5〜6個当てはまる・・・反り腰の可能性が極めて高いです

 

特に危険性の高い回答項目

 

先ほどの6つの項目のうち、当てはまると特に反り腰の危険性が高いと思われる項目があります。
それが、以下の項目です。

 

 

@壁に背中をくっつけると、壁と腰の間に拳が入る
Aベッドに仰向けに寝ると、腰が浮いている状態になる
B痩せているのにお腹だけ出ている

 

この3つの項目を含むという方の場合には、反り腰の危険性がかなり高いと言えます。
猫背気味の方の場合も腰痛は酷くなるのですが、反対に反り腰の方の場合にも腰痛は酷くなってしまいます。このような状態の場合、反り腰になっている可能性があります。
特に、仰向けで寝た場合に腰が痛いという方は、腰とお尻の間に急なカーブが出来てしまい、理想的な寝姿勢を保つことが難しくなります。そうなると、腰に大きな負担がかかり、腰が痛くなってしまいます。

 

さらに寝ている間に腰や背中に負担がかかることで朝起きてからも疲れがとれません。
反り腰をできるだけ早めに改善するようにしましょう!

 

 

反り腰に良い寝方ってどんな寝方?

 

では、反り腰に良い、反り腰を改善させるための寝方について見ていきたいと思います。
少しでも早く反り腰を改善し腰痛とおさらばしましょう!

 

横向きで軽く膝と背中を丸めた寝方がベスト

 

反り腰を改善していくための寝方としては、無理をして仰向けで寝たり、うつ伏せで寝たりせずに、横向きで、軽く膝と背中を丸めた状態で眠るという寝方がおすすめです。

 

 

このような寝方をすると反り腰を改善していくことが出来ますし、悪化させる心配もありません。
もし辛い場合には、膝の間にクッションのようなものを挟んだり、抱きまくらを使用して眠るようにすると、少し楽になります。

 

反り腰が余計に悪化しないように、少し身体を丸めた状態が良いのですね。

 

バスタオルを腰の下に入れるのは間違い

 

仰向けの状態で浮いている腰の下にバスタオルを入れることで楽になるという話がありますが、反り腰による腰痛を改善するとなると、これは大きな間違いです。

 

 

浮いた状態の腰に支えをしてあげているため楽になるように感じるだけで、実は余計に腰を反らせてしまっているのです。余計に腰を反らせた状態で眠ることで腰痛はどんどん悪化し寝起きの痛みも最悪です。
いくら楽だからといっても、このような方法で眠ることは避けてくださいね。

 

腰が反っているのなら、うつ伏せにして浮かないようにすればいいのでは?ということで、
うつ伏せで寝ようとする方もおられると思います。ですが、これも実は間違いで、うつ伏せに寝ることで余計に腰が反ってしまい、腰痛を悪化させてしまう恐れがあります。反り腰ではない方がうつ伏せに寝ても腰を痛めることがあるくらいですから、よくない寝方だということがお分かりいただけるかと思います。一度、痛みを感じない程度に試してみてください。うつ伏せになって腰のあたりを触ると、反り返っているのがわかると思います。

 

反り腰に良い腰痛マットレスの選び方!3つのポイント

 

反り腰に良い腰痛マットレスの選び方としては、どのようなポイントがあるのでしょうか。
ここでは、反り腰の方のマットレスの選び方において3つのポイントをご紹介します。

 

1.硬すぎず柔らかすぎない腰痛マットレス
2.通気性が良いもの
3.体圧分散性に優れているもの

 

反り腰に良い腰痛マットレスを選ぶ際には、基本的には腰痛に良いマットレスを選ぶ基準と同じです。
ですが腰痛に良いマットレスを選ぶ際よりも注意したい点として1つ目に挙げた”硬すぎず柔らかすぎないマットレス”という点が挙げられます。

 

硬すぎず柔らかすぎない腰痛マットレス

 

反り腰の場合、硬すぎず柔らかすぎない腰痛マットレスを選ぶことが大切な理由としては、以下のようなものがあります。

 

硬すぎるマットレスの場合

 

適度な沈み込みがなく理想的な姿勢が保てないことによって腰だけ浮いた状態が継続してしまうため柔らかすぎるマットレスの場合お尻や肩など重い部分が沈み込んでしまい、腰が浮いた状態が継続してしまうため
どちらのマットレスの場合でも腰が浮いた状態になることを改善出来ないため反り腰の方にはオススメできないのです。腰が浮いた状態になってしまうことをマットレスによって改善させたいのに、それが悪化するようなものを選んでいては、治しようがありませんよね。

 

通気性が良いもの

 

通気性の良いものを選ぶことも大切なポイントです。
反り腰の方が通気性の悪いものを選んでしまうと、汗や湿気がこもり寝心地が悪くなった状態で、どんどん寝相が悪くなります。そうなると、理想的な寝姿勢を保ちたいために腰痛マットレスを選んでいるのに、全く意味が無くなってしまいますよね。通気性が良く、1年を通して寝心地が良いものを選ぶ必要があります。

 

体圧分散性に優れているもの

 

体圧分散性に優れているものを選ぶことで、理想的な姿勢を保つことが出来るようになります。理想的な姿勢とは・・・

 

・仰向けの状態で横から見て背骨がS字カーブを描いている状態
・横向きの状態で横から見て背骨がI字ラインを描いている状態
この姿勢を保つことで、反り腰改善にも期待出来ます。
理想的な姿勢を保つことが出来ない腰痛マットレスの場合、体が変な沈み込み方をしてしまうため、腰痛が悪化する恐れがあります。

 

 

反り腰にいい腰痛マットレス選びは筋肉量にもよります。

 

腰痛マットレスを選ぶ際には、ただ単に硬すぎず柔らかすぎず、それでいて通気性が良くて体圧分散が出来るもの・・・
ということで選ぶだけでは、あまり効果が期待できない場合があります。というのも、いくら体圧分散に優れているマットレスであっても、その方の筋肉量や体型によっては本来の機能が発揮出来ない可能性があるためです。
硬めのマットレスに、痩せていて筋肉が少ない方が横になった場合、反発力が強すぎて腰が浮いた状態になってしまうことがあります。反対に柔らかめのマットレスに体格がよく筋肉が多めの方が横になった場合、今度は反発力がなさすぎて体の重い部分だけが沈んでしまうことがあります。

 

 

 

自分の筋肉量や体型も気にしつつ、腰痛マットレスを選ぶことが大切になります。
可能であれば実際に横になってみる

 

可能な場合には、実際に横になってみることがおすすめです。
店頭で試せるマットレスもあれば、返金保証がついているマットレスもあります。
第三者に一緒に来てもらうか、お店の方に見ていただき、横になった際に理想的な姿勢を保つことが出来ているのかをチェックしてもらうと尚良です!後悔しないようにするためにも、慎重にマットレスを選ぶようにしたいですね。

 

反り腰の原因は一体何なの?!

 

冒頭でもご説明しましたように、反り腰の状態でも痛みを感じることが少なく、
仰向けで寝た時に腰が浮いた状態になってしまうことで初めて、痛みを感じることが多くなっています。
自覚症状がないなら悪いことではないのでは?と思う方もおられるかもしれませんが、反り腰は腰痛に繋がるため、解決すべき問題です。では、反り腰の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

どうして反り腰になるの?!

 

では、どうして反り腰になってしまうのか、詳しく見ていきたいと思います。

 

1.腰が反り返るほど背筋を伸ばすことを、正しい姿勢だと思っているため
2.机と椅子の高さが合わず、身体がそれに合わせようとするため
3.ハイヒールを履いている時に、自然と前傾姿勢になることを防ぐため身体が後ろに反ってバランスをとるため

 

このようなことが原因となって、反り腰になってしまうのですね。では、もう少し詳しくご説明していきたいと思います。
腰が反り返るほど背筋を伸ばすことを、正しい姿勢だと思っているため

 

皆さんは、正しい姿勢というものをどのような姿勢だとイメージしていますか?
とにかく背筋がピンとしていれば、それが正しい姿勢なのだと思っていませんか?

 

自分が思う「正しい姿勢」をしようと背筋を伸ばしてみた時、腰が反っている状態になっている場合には、”やりすぎ”です。

 

背筋は伸ばしても、腰が反り返るほどに伸ばす必要はありません。
お尻を突き出さずに背筋だけ伸ばし、無駄な力を入れずに一番自然な形というのが、「正しい姿勢」です。
机と椅子の高さが合わず、身体がそれに合わせようとするためデスクワークなどが多い方の場合、机と椅子の高さが合っていないことも、反り腰の原因になります。机と椅子の高さが合わないと、自然と身体がそれに合わせようとすることで、背筋が伸びていきます。

 

ただ、あまりにも合っていない場合には異常に伸ばす必要があり、その結果腰までもが反ってしまうのですね。
机と椅子の高さを見直すだけでも、無意識のうちに反り腰になることを防ぐことが出来ます。

 

ハイヒールを履いている時に、自然と前傾姿勢になることを防ぐため身体が後ろに反ってバランスをとるため
ハイヒールをよく履く方ならご存知と思いますが、ハイヒールをはくことで、身体は常に前傾姿勢になってしまいますよね。
この前傾姿勢ではバランスがとれないため、身体は無意識に後ろへ傾き、姿勢を維持しようとするのです。

 

つまり、腰から上が後ろに傾くことで、反り腰になってしまうというわけです。
反り腰を治すには・・・
反り腰を治していくためには、原因に繋がるようなことを解決していけば良いということになります。

 

 

・ハイヒールをなるべく履かない(どうしても履きたい場合には短時間のみにする)
・腹筋と背筋を鍛える
・机と椅子の高さはあっているのか見直す
・ストレッチやヨガで身体を柔らかくし、骨盤の歪みを解消する
・整体師さんに診てもらう
・マットレスを見直す

 

反り腰を治していくためには、このような方法がおすすめです。机と椅子の高さが変えられないという場合には、クッションなどで調整したりすることも出来ますよね。腹筋と背筋を鍛えるとは言っても、ジムなどに通う必要はなく、ヨガで鍛えて腰痛を治すことも出来ます。もちろんジムに通って身体を鍛えることも全体的に引き締めることが出来ますし、筋力低下を防ぐことが出来るため腰痛予防などには最適です。

 

しっかりと身体についての資格がある整体師さんに診てもらうことで反り腰や腰痛を改善していくことも出来ます。この場合にはある程度費用もかかりますが、しっかりとした整体師さんに診てもらうことで、自分で努力するよりも改善が見込めます。マットレスを見直し寝方にも気をつけることで自分でも反り腰を改善していけるように努力したいですね。

関連記事