MENU

危険!薄いマットレスが腰痛を悪化させる!

 

 

腰痛が酷いという方の場合、マットレスや寝具選びを慎重に行っているという方が多いと思います。そのマットレス選びは、どのように行っていますか?間違った選び方をすると、せっかく購入したマットレスでも、腰痛を悪化させてしまう場合があるのです。

 

腰痛を悪化させる可能性があるマットレスには様々なものがありますが、大まかに言えば、”薄いマットレス”が、腰痛を悪化させる危険性があります。
では、どうして腰痛が悪化する危険性があるのでしょうか。

 

 

 

 

◆腰痛とマットレスの関係は?

 

 

 

よく、「腰痛の改善には寝具の見直しが必要」という話を聞いたことがあると思います。どうして腰痛とマットレスが関係しているのかというのは、ご存知ですか?まずは、腰痛とマットレスの関係について、ご説明していこうと思います。

 

○マットレスは寝姿勢をサポートするもの

 

マットレスは大きく分けて、柔らかいものと硬いものがあります。柔らかいマットレスと硬いマットレス、実はどちらも腰痛には良くないのです。一番良いのは、柔らかすぎず硬すぎないマットレスということになります。

 

マットレスは、寝ている間の私達の姿勢をサポートしてくれるものです。柔らかいマットレスは身体全体を包み込むような感じで寝心地がとても良く、硬めのマットレスは身体をしっかりと支えてくれ、寝返りも打ちやすくなります。腰痛がある場合には、どちらのマットレスでも良いというわけではなく、腰痛の方に合っているマットレスというものがあります。

 

 

○柔らかいマットレスは腰痛には向いていない

 

柔らかいマットレスは寝心地が良いのですが、腰痛がある方には向いているとは言えません。マットレスが柔らかいと、寝ている間に身体の重い部分が不自然に沈みこんでしまいます。その結果、無意識に変な力が入ってしまい、腰に負担がかかるのです。

 

腰痛には硬め・分厚めのマットレスがおすすめ!

 

それに比べ、硬めのマットレスの場合、柔らかいマットレスよりも寝心地は悪くなりますが、腰痛のある方にとってはピッタリのものとなります。

 

硬めのマットレスは、寝ている間の姿勢をしっかりとサポートしてくれますし、寝返りを打ちやすくしてくれることによって、血行不良などを予防することが出来ます。身体の一部分が不自然に沈むということもないために、腰痛には最適です。

 

 

◆薄いマットレスは何故ダメなの?

 

 

 

柔らかいマットレスと同様、薄いマットレスも腰痛には良くないとされています。腰痛を悪化させてしまう危険性もあると言われていますが、その理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

+薄いマットレスが腰痛を悪化させる理由
  • 腰や肩に直接負担がかかるため
  • 腰が反っている状態になってしまうため

 

このような事から、薄いマットレスはあまりおすすめではありません。

 

 

○腰や肩に直接負担がかかるため

 

人の身体は二足歩行をしやすいように、横から見た時に背骨がS字ラインになっています。

 

寝ている際にもこの姿勢が保たれることが理想的ではありますが、薄いマットレスで眠ると、出っ張っている肩やお尻の部分で身体を支えることになり、腰や肩に直接負担がかかってしまうのです。寝ている間の姿勢が悪く、身体の一部にのみ負担がかかってしまうことで、腰痛が悪化してしまう可能性があります。

 

 

○腰が反っている状態になってしまうため

 

 

 

薄いマットレスを敷く事で、肩やお尻などの出っ張っている部分で身体を支えることになると、腰が反り返っているような状態となります。腰が反っている状態となると、腰への負担はかなり大きなものとなります。腰痛に悩まされていない方であっても、腰痛を引き起こすことにもなりかねません。

 

イメージとしては、うつ伏せになって本を読んだりスマホを触ったりしている際の腰が反り返っている状態のような感じです。姿勢を変えようとすると、痛いと感じる事があるのではないでしょうか。腰が反ってしまうような薄いマットレスは、敷いても意味がないどころか、腰痛を悪化させてしまう可能性があるのです。

 

 

具体的には何センチくらいの厚さが必要なの?

 

具体的には何センチくらいの厚さが必要となるのか、気になりますよね。薄いマットレスと分厚いマットレス、その境界線は何センチなのかを考えていきたいと思います。

 

分厚いマットレス=10cm以上

 

 

薄いマットレスは、硬めのものであっても、沈み込んでしまう身体を支えきることが出来ずに、理想的な寝姿勢を保つことが難しいと言われています。S字ラインを保とうとしても、薄すぎるマットレスでは身体が床付きするような感覚があり、寝心地がよくなく理想的な姿勢が崩れやすくなります。

 

薄めのマットレスは扱いやすく、手入れなども楽に出来るのですが、薄すぎると腰痛の悪化を招く可能性があるのですね。

 

分厚いマットレスは、大体10cm以上のもので、雲のやすらぎなどは17cmもありかなり分厚いことが分かります。
ただ、分厚ければ分厚いほど良いというわけではありません

 

 

必要な腰痛マットレスの厚さは、8cmから10cm程度

 

腰痛を改善していくために必要な分厚さとしては、8cmから10cm程度です。この分厚さがなくては、身体を支えていくことが出来ず、床付きしてしまうことがあります。また、厚みがないことで体圧分散がうまく出来ずに、腰痛を悪化させてしまうことに繋がるのです。

 

メンテナンスの面でも・・・

メンテナンスの面でも、8cmから10cm程度のマットレスが丁度いい分厚さと言えます。腰痛対策とメンテナンス、どちらの面も兼ね備えることが出来るのが、この分厚さだというのが正しい言い方かもしれません。

 

薄いマットレスは移動などが楽になりますので、日常のメンテナンスも楽になります。ですが、その分腰痛改善や予防には効果を発揮しづらくなりますよね。

 

 

反対に、分厚すぎるマットレスは、風通しのいい場所で壁に立てかけるというだけでも、大変な思いをすることになります。
そして分厚いだけでは寝心地ばかりが優先され、身体を支えることが出来ずに、腰痛対策や改善には効果が期待出来ないというわけです。

 

つまり、メンテナンスもしやすく、腰痛への効果も期待出来るマットレスは、8cmから10cm程度の厚さのマットレスということになります。

 

 

理想の分厚さでも、柔らかくてはダメ!

 

8cmから10cmという理想的な分厚さのマットレスであっても、柔らかくては意味がありません。
例えば、テンピュールマットレスのような低反発マットレスにも注意が必要です。

 

テンピュールマットレスは、とても分厚いものがありますが、こちらのマットレスは低反発マットレスなのです。

 

 

 

 

低反発マットレスはダメ?

 

低反発マットレスが総合的にダメだということではなく、腰痛がなくリラックスして寝たいという方にはおすすめできるものです。ただ、腰痛がある方には低反発マットレスが向いていません

 

その理由としては、低反発マットレスには以下のような特徴があるためです。

 

  • 低反発マットレスは身体の重い部分が沈みやすい
  • お尻が沈むことで「くの字型」になってしまい、腰に負担がかかる
  • 身体が部分的に沈むことで寝返りがうちづらくなり、身体に余計な力が入る

 

など、このような理由から、テンピュールのような低反発マットレスは、腰痛持ちの方にはお勧めできません。

 

例え理想的な分厚さがある低反発マットレスであっても、完全に身体を支えることが出来ずに理想的な姿勢が崩れてしまうようでは、腰痛対策には向いていません。低反発マットレスは身体が沈み込んで包まれるような感覚になるため、寝心地はとても良いのですが、身体が沈んでしまうという点が問題なのです。 

 

とはいえ、低反発マットレスの方が向いている方もおられます。
具体的にどのような方が低反発マットレスに向いているのか、こちらでチェックしてみてくださいね!

 

低反発マットレスが向いている人とは?

 

 

 

腰痛改善マットレス、1位はどれ?

人気の腰痛改善マットレス、1位に輝いたのはどれ?!