MENU

 

※警告※

 

ネット上には、商品を購入せずに商品の紹介をしたり専門的な知識や資格がない方が商品を独自レビュー行い真実と異なる情報が多く出まわっています。

 

腰痛マットレスは1台約4万円する高価な買い物です。嘘の情報を信じて手遅れになる前にしっかりと専門家の声を参考にあなたにあった腰痛マットレスを選ぶようにして下さい。

 

腰痛改善マットレス119番では実際に国家資格保有者の方々にサイトを監督してもらい腰痛に効果のあるマットレスを検証しています。

 

 

専門家が人気の高い腰痛改善マットレスを徹底比較!

販売されている中でも特に腰痛改善や予防に効果の高い人気の高い5つのマットレスをピックアップして「コスパ」「固さと特徴」「返品制度」「通気性」「効果」の5つのポイントで採点し分かりやすく比較しています。

、「コスパ」「固さと特徴」「返品制度」「通気性」「効果」を総合的な評価し算出しています。
拡大してみたい方は→コチラをクリック

 

動画では、モットン・雲のやすらぎ・テンピュール・エアウェーブの比較を動画にしてみました。反発力などをしっかりとチェックしたい人は参考にどうぞ。(※音楽がなります。)

 

腰痛マットレスを選ぶ時の5つポイントと総合ランキング

  1. 良い睡眠姿勢を保てる硬さと反発力
  2. 寝返りの打ちやすさ
  3. 通気性の良い素材
  4. 自分に適した硬さの
  5. 返品制度がしっかりしている

この5つのポイントを元にした総合ランキングになります。

専門家が選ぶ腰痛に効果のあるマットレスベスト3!

治らない慢性的な腰痛に!モットンの腰痛マットレス

 

モットンのマットレス価格

シングル=39,800円(税込)

セミダブル=49,800円(税込)

ダブル=59,800円(税込)

 

90日使用後2週間の返品保障つき

厚さ9cmの通気性の良いNASAで使用されているウレタン使用

体重分散の効果抜群が抜群

重さ4kg(シングル)でメンテナンスが容易

カビやダニに強く安心

※好みのマットレスの固さを選べる

 

 

パン子【先生からの一言】
腰痛改善マットレスを実際に比較した中で一番睡眠時に体重分散が上手く出来ているのがモットンのマットレスです。
 
仰向けでもキレイなS字を描く事が出来て横向きでも背骨がキレイにまっすぐになっています。幅広い腰痛の悩みを持った方におすすめする事が出来る腰痛マットレスです。

 

また、他社にない返品保障制度があります。2位の雲のやすらぎ、3位のマニフレックス共に返品保障はあるものの使用していた場合は返品対象外になるのですが、モットンは使用していても返品する事が可能なので、しっかりと自身の腰痛と向き合う事ができます。

 

また好みの固さを選べる事もポイントが高く実際に使用してみましたが10商品の中で反発力が一番程よく寝返りが楽にうてました。お客様満足度が93%という高い数値も納得ができます。

 

実際にモットンの腰痛マットレスを使っている様子

 

これが実際にモットンの上で仰向けになって寝た時の様子です。お尻の部分が程よく沈んでキレイなS字を描くような姿勢を作れている事が分かります。

 

 

横向けになって寝た場合でもお尻の部分と肩の部分がしっかりと体圧分散できているので背骨が真っすぐになっている事が分かります。背骨から腰に掛けての負担が全くない姿勢を保てています。

 

 

 

左の写真がモットンの厚みを測ったもので厚みは8cmあり、右の写真がファスナーをあけモットンのウレタン素材を確認したものです。適度に詰まった通気性の良いウレタン素材を使用している事が分かります。

 

 

人以外にも10kgのポリタンクを置き体圧分散をモットンのマットレスで試してみた所ポリタンクの底を見れば沈みこみも程よくキレイに体圧分散している事が分かります。実際に10商品比較して腰への負担も少なく腰痛軽減が最も期待できるマットレスです。

 

 

(返品制度のあるモットンの公式サイトへ)


 

(さらに違う二人の体験談を載せています。)

 

疲労から来る腰痛に!雲のやすらぎプレミアムの敷布団

 

  

雲のやすらぎプレミアムの価格

シングル=39,800円(税込)

セミダブル=49,800円(税込)

ダブル=59,800円(税込)

厚さ17cmの13層マットレス

夏と冬でリバーシブルで使える

床に直接ひいて寝れる

スプリング使用で通気性が良い

安心の日本製

パン子

【先生からの一言】

 

雲のやすらぎプレミアムの敷布団(マットレス)を実際に協力してもらい使用しました。モットン同様に腰痛改善マットレスとして非常に人気の高い腰痛改善マットレスです。

 

高反発で厚さが17cmあるので仕事でストレスが溜まって寝付けない・・・その上に腰痛の悩みもある人など、リラックス効果や安眠効果を期待したい人や疲労からくる腰痛を持っている方や睡眠の質を上げたい人に特ににおすすめです。使用して何より驚いたのが体圧分散がとてもうまく出来るので腰部分も程よく沈み仰向けで寝ても気持ちが良い姿勢を保てて寝る事ができます。

 

アンケート結果では99%のお客さんを満足させている商品なのも納得です。また敷布団となっているので敷布団を購入する必要もありません。原産国も日本なので日本製品のクオリティーなので安心感もあります。

 

ただ少しデメリットなのが人気のマットレスモットンと違い返品制度がない事です。
 
とはいえ、腰痛を改善するためにとても工夫のされたマットレスです。

 

実際に雲のやすらぎプレミアムを使っている様子

 

 

雲のやすらぎで仰向けで寝た様子です。モットンに比べると厚みがあるため沈みこみが深くなっている事が分かります。

 

 

横向きの場合も同様に沈む込みが深くなっておりお尻の部分が深く沈みこんでいるため疲労からくる腰痛にくる人などにおすすめです。慢性的な腰痛などの場合はモットンの方が体圧分散が良いのでストレスも溜まりにくいです。

 

 

雲のやすらぎは厚みは16p以上あり敷布団としても使えるのが特徴です。これだけの厚みがあれば寒い冬でもしっかりと温かく、また夏と冬で雲のやすらぎの向きを変えると素材が変わります。

 

重さ10kgのポリタンクを置いてみた所程よく反発もあることが分かります。
雲のやすらぎとモットンの違いについてはコチラの記事にさらに詳しく記載しています。

 

疲労からくる腰の痛みや中々寝ても抜けない疲労感がある人におすすめです。 

 

 

(公式サイトなら送料無料です)

 

 

(最新の雲のやすらぎプレミアムを徹底レビューしています。)

スポーツから来る腰痛にはマニフレックスのマットレス!

 

  

マニフレックス最安値タイプ(メッシュウィング)の価格

シングル=31,350円(税込)

セミダブル=42,900円(税込)

ダブル=54,450円(税込)

イタリア産の腰痛マットレス

3つ折りに出来収納が可能

10年間の長期保証付き

筋力が弱く腰痛持ちの人に適している

スポーツ選手も愛用者が多い

 

 

パン子【先生からの一言】

 

マニフレックスのマットレスはイタリアでうまれたマットレスで沢山の種類のマットレスがそろっている大手マットレスメーカーです。実際に東京や大阪では店舗も設けています。

 

実際に体験してみると反発はどのマットレスよりも強く高反発の中でもとくに反発が強いので、筋力が弱い人や寝返りが打つ力が弱い人におすすめのマットレスです。また価格も安いメッシュウィングなどは価格も30,000円前半で購入できます。
 
そして返品保障はないのですが10年間の保証があるのがマニフレックスの特徴です。ただ、実際に体験して筋力のない介護が必要な年齢の場合などはこのマットレスの場合だと固すぎる傾向にあるので注意が必要です。とはいえ、3つ折りにも出来押し入れの中にも入れれる収納機能なども他のマットレスにはなかなかない機能なのでおすすめです。

実際にマニフレックスを使っている様子

 

仰向けで寝た時に程よくS字カーブを描けていますが反発が少し強めなので沈みこみが少し足りない事が分かります。

 

 

お尻の部分と肩の所に注目して下さい。ほとんど沈みこみがないので体圧分散があまりうまくいっていない事が分かります。骨格の大きな欧米人向けに作られている製品のため日本人の体からするとやはり反発が少し強すぎる印象を受けます。

 

 

厚さは9pと厚みもあります。日本人の体格より欧米人の体格よりの人には、モットンや雲のやすらぎよりマニフレックスの方がおすすめできます。

 


 


 

スポーツ選手も愛用!西川airのマットレス

 

西川airマットレスの価格(最安値のAIR 01 モデル)

41,040円(シングル)

57,240円(セミダブル)

68,040円(ダブル)

点で支える体圧分散

多くのスポーツ選手が愛用

通気性が良い

実際に西川airを使っている様子

 

西川airのマットレスで仰向けに寝た時の様子です。仰向けに寝た時はキレイなS字カーブを描いてキレイな睡眠姿勢をとれているのがわかります。

 

 

横向きになった時は体圧分断が上手くいっておらず、肩の部分が沈まない構造になっているので腰から首にかけての背骨が少し曲がってしまっています。この睡眠姿勢が長く続く場合は腰痛改善は期待できません。 

 

 

厚みはしっかりと9p以上あるので問題はありません。

 

(3年間使用しました)

 

一番安い西川AIR 01 タイプを3年間実際に使いましたが通気性は他のマットレスと大差はありませんでした。

 

通気性の良い西川airのマットレスを買う場合はさらに上のモデルを買う必要があります。その場合だとマットレスの値段が1つ8万円程するのでかなり高い買い物になってしまのがデメリットです。
 
 

 


 

 

エアウィーヴのマットレス

エアウィーヴのマットレス(最安値モデルスマート 025の場合)

27,000円(シングル)

32,400円(セミダブル)

37,800 (ダブル)

持ち運びが可能

多くのスポーツ選手が愛用

通気性が良い

エアウィーヴのマットレスを実際に使った感想は?

 

 

エアウィーヴのマットレスの最安値モデルですが、腰痛改善には効果がありません。
実際にこの写真が仰向けに寝た時の写真ですが体圧分散ができていません。

 

仰向けの写真では分かりにくいので次にエアウィーヴで横向きになって寝た写真です。

 

 

お尻の部分が全く沈んでおらず背骨が斜めになっているのが分かります。 

 

 

エアウィーヴの最安値モデルの場合は、3pしか厚さがないのにも関わらずシングルで約3万円程の値段がしています。筋肉などがあるアスリートには良いのですが一般の腰痛向けのマットレスとしては不向きです。

 

腰痛にいいマットレスと睡眠に良いマットレスでは、重要視するポイントが違うので注意する必要があります。 腰痛に良いマットレスは「高反発」「寝返りの打ちやすいもの」「通気性の良いもの」「適した固さ」「返品制度がある」この5つです。

 

この5つのポイントをしっかりと抑えれているものを購入する必要があります。

 

 

 

 

高反発と低反発マットレスどっちがおすすめなの?整体師が明かす真実とは?


 低反発マットレスと聞くとリラックス感があり体が沈みこむので無意識に良いマットレスと思ってしまいませんか?実は低反発マットレスや安価なマットレスが腰痛を悪化させています。

 

正しい知識がないのにただ闇雲に「有名なマットレス=腰痛に効果」があると思い購入すると逆に寝返りを打っている時に腰に激痛が走ってしまったり腰痛が悪化してしまいす。

 

マットレス自体も高価な買い物なので失敗する前にちゃんと腰痛改善に効果のあるマットレスの選び方について学んでいきましょう。腰痛に適しとマットレスを選べれ腰痛は大きく改善されます。また腰痛に悩まず質の良い睡眠もとれるようになるので是非参考にしてみて下さい。

“大きな誤解”低反発マットレスが腰痛や肩こり悪化させてしまう!その原因とは!?

 

低反発マットレスを使用した場合お尻の部分と肩の部分が沈み混んでしまいます。

 

その結果沈みこみが激しく歪んだ状態での睡眠姿勢となってしまい腰痛や肩こりを引き起こしてしまいます。(スポーツを日頃から行い筋肉量のあるのアスリートの方の場合は筋肉がサポートしてくれるのですが、一般の筋肉量の方の場合そのまま沈み込んんでしまいます。)

 

そのため適度な反発のある高反発マットレスが腰痛の改善に適していると言われています。また反発力があるマットレスの方が腰を痛めている場合でも寝返りをしっかりとサポートしてくれます。

 

整体師が明かす!腰痛にいいマットレスを選ぶ5つのポイント!

良い睡眠姿勢を保てる硬さと反発力が重要

 

 

腰痛に良いとされる睡眠時の姿勢とは仰向けで寝たときに背骨から腰骨が綺麗なS時カーブを描き、横向きになった時に背骨から腰骨がまっすぐになる姿勢のことをいいます。
 
 マットレスを通して体重が体全体に満遍なく分散されている状態が腰痛を改善できるマットレスとして適しており体圧分散(体重の分散)がしっかり出来るものが腰痛マットレスとして適しています。図@のような状態が体圧分散がしっかり出来ているという事になります。

 

逆効果!柔らかいマットレスは寝心地は良いが腰への負担が大きい!

 

柔らかい低反発マットレスなどは寝心地はとても良く深い睡眠が期待できます。しかし柔らかい低反発マットレスを選んでしまうと体が沈みこみ寝返りが打てなくなったり無理な姿勢が睡眠時に続き腰痛の原因になります。

 

図Aは低反発マットレスなど柔らかいマットレスで寝た時の姿勢です。 肩や腰回りが沈みこみすぎています。

 

この歪んだ姿勢で睡眠を取り続けると肩や腰に負担がかかり肩こりや腰痛を引きお起こしてしまいます。
 
 
少し詳しく説明しますと背骨は真っ直ぐになるようにできています。横向きに寝たときに体全体が沈むと特に重たいお腹の部分が深く沈み込み背骨がマットレスに向かってしなるような形になります。肩も同様です。そうすると、腰椎と骨盤に負担がかかるだけでなく曲がった体を支えるために一部の筋肉に負担がかかります。そして、腰周辺の筋肉のバランスが崩れるため腰痛になります。

 

固いマットレスはスポーツ選手向き!一般の人が使うと肩や腰に負担がかかり腰痛になる。

 

 

図Bのような硬すぎるマットレスの場合は、睡眠時に仰向けになった時に肩甲骨や骨盤の後ろ側に体重がかかりすぎてしまうため血流が低下して手足がしびれることがあります。
 
また、一部分に体重がかかることで一部分の筋肉に負担がかかり、腰痛や肩こりの原因になります。横向けに寝たときにも、肩や骨盤の横側に体重がかかりお腹がマットレスに着くことで背骨が下に向かって曲がります。

 

スポーツ選手のように良質な筋肉がある場合は問題はないのですが、運動を定期的に行っていない方などは硬いマットレスが腰や肩への負担が大きくなり肩こりや腰痛を悪化させてしまいます。

睡眠中に寝返りがうちやすいのか?

 

一晩の睡眠時の寝がえり回数は、一般的な人で20〜30回と言われています。寝返りをうつために寝返りの打ちやすい硬さとシングル以上の広さが必要になります。(※セミシングルは避けましょうシングルの広さがあれば寝返りは打てます。)

 

 

 

例えば、寝返りを打てないソファや簡易ベッドなどで仮眠をとると、起きたときに寝る前よりも疲労を感じることがあります。

 

睡眠中に寝返りを打つことは、寝姿勢を変えて血行を良くすることで日中に使ってバランスが崩れた筋肉や骨格のずれなどを修正します。それだけ頻回に寝返りを打って体の調節をするのですから十分に寝返りが打てるマットレスを使いましょう。

 

寝返りを打つためには、安心して姿勢を変えられる最低限の広さが必要です。ソファーや簡易ベットで寝続けるは腰痛や肩こりを悪化させてしまうので注意が必要です。

 

“寝返りがカギ!?”マットレスの硬さは睡眠中に寝返りをうつために重要な役割をしています。

マットレスが硬すぎて寝返りを打つときに体が反発する、もしくは、柔らかすぎて体が沈み込み寝返りを打つのに体力が必要になるようなマットレスは避けましょう。

 

寝返りを打てるマットレス選びのポイントは「広さと睡眠中でも軽い力で寝返りができる」事です。

睡眠時の寝心地の良さは「通気性」がカギ!清潔さを保てる事が大切

 

 

一晩の睡眠中にかく汗の量は平均約300mlです。通気性の悪いマットレスを選ぶと腰痛を引き起こします。腰痛を引き起こす原因として通気性が悪いマットレスを選ぶと睡眠時に寝苦しい状態が続き汗をかきます。

 

そして汗の水分は寝具の中にこもり、湿度が高くなります。また、通気性が悪いと体の熱もこもって、寝具の中の温度が上がります。湿度の高さと暑さも疲労の原因になります。夏の湿度と高温で寝苦しさを感じることがあるのと同じです。

 

我慢して寝ていると体に無理な力が入って筋肉のバランスが崩れ腰痛の原因になります。疲労が取れないことで日中の作業による腰痛も改善しません。通気性の良いマットレスを使いましょう。

 

 

 

 

ウレタン製の柔らかいマットレスは素材の性質上通気性が低くなります。コイル入り、固綿入りなどの製品は通気性は良いですが、硬いので自分の体に合った硬さかどうかのチェックが必要です。

 

また、通気性の低いマットレスはダニが増えたり、カビが生えやすくなったりします。ダニやカビは皮膚疾患や肺疾患の原因になります。清潔さを保つお手入れが簡単にできるかどうかも見ておきましょう。通気性と清潔さを保てるマットレス選びのポイントは「水分や熱がこもらない、洗濯や乾燥ができる」です。

自分に適した硬さの腰痛マットレスを選ぶ事が重要!

 

自分の筋肉量にあったマットレスを選ぶ必要があります。腰痛改善を目的にマットレスを購入するのであれば100N以上の高反発のものを選ぶ必要があります。(※Nニュートンは国が設定した国家規格で数値が高ければ固く反発力が高い高反発マットレスで、逆に数値が低ければ反発力が弱い点反発マットレスとされています。)

 

腰痛予防ができるマットレスは、体格や筋肉の付き方によっても異なります。筋肉のバランスの良い人は、寝ていても自然に体を支えられるので、マットレスで腰痛を起こす可能性は低くなります。

 

しかし、筋肉が少ない、もしくは筋力が低下している人は、筋肉で体を支えられないために、マットレスで寝る姿勢を保たないと筋肉のバランスを崩し、背骨に体重がかかりがちで腰を痛めます。

 

そして、睡眠中に全身の筋肉と骨格のどの部分に体重がかかっているか、自分では気がつきにくいのです。体格や筋肉の付き方に合わせたマットレス選びが必要です。腰痛改善マットレスの見方としてJIS規格で定められている、N(ニュートン)を参考に選ぶ事ができます。

 

60N以下=柔らかめ(低反発)
60〜100N=普通
100N以上=硬め(高反発)

腰痛を改善させたいのであれば、基本的には、100N以上のもので体重分散出来ているものを選ぶようにしていきましょう。

 

逆に腰痛を改善したいのに低反発のものを選んでしまうと寝ている時に腰が沈み過ぎてしまい腰痛が悪化する恐れがあります。

 

返品保証やお試し制度がしっかりとあるものを選ぶ事

 

 

 

筋肉の付き方は千差万別で腰痛改善マットレスを実際に使って即日に効果も出る人もいれば、効果が出るまでに90日かかる人もいます。
 
そのため返品保障やお試し期間が設けられていない寝具は避けるべきです。腰痛改善マットレスも高いかいものなので、もし自分に合わないマットレスを購入してしまった場合は痛い出費になってしまいます。

 

 

 

 

 

腰痛の原因から腰痛マットレスを詳しく探すのであればコチラ!

自分の腰痛の原因は分かるけどどのマットレスが合うのか分からない人は、コチラをチェックして下さい。症状や用途別にまとめています。

 

コスパで選ぶなら!

フローリングに置ける腰痛マットレス

産後や妊婦さんの腰痛に

詳しくはコチラ 

詳しくはコチラ 

詳しくはコチラ 

治らない慢性的な腰痛に

スポーツで痛めた腰に

寿命と理想の固さから

詳しくはコチラ

詳しくはコチラ

詳しくはコチラ 

 

 

ニトリやIKEAなどの大型家電良品でマットレスを購入した

ニトリやIKEAは、腰痛専門のマットレスを販売していません。手ごろの価格だからといって高反発マットレスを購入しても素材や用途が違うので腰痛は軽減されません。

返品制度のないものを購入した

人の骨格や筋肉は1日では正しい修正できません。そのため、店頭での体験だけでは実際に腰痛が治るかは分かりません。なるべく返品制度が整い自分の体に合うか合わないか確認できるようなメーカーで購入しましょう。

 

筋肉量が多いのに低反発マットレスを選んでしまうと逆に悪化したりするケースもあります。

寿命が短いものを購入した

せっかくの高いマットレスを購入するのに、寿命が短ければまた新しいものを購入する必要があります。素材も良く尚且つ耐久力があり反発力が落ちないマットレスを購入するようにしましょう。

 

 

 

返品制度がしっかりしている

モットンの場合、返品制度がしっかりと設けられていました。他のブランドを見ても、モットンのように90日試した後に返品できるサービスがついているマットレスメーカはありませんでした。

日本人向けの腰痛改善を目的に作られたマットレス

日本人と外国人では骨格や筋肉の付き方が違います。自然に睡眠時の体重のかかり方も変わってきます。

 

腰痛を本当に改善したいのであれば日本人向けにしっかりと研究して作られたモットンのようなマットレスを選ぶ必要があります。

寿命が長いので安心して使える

モットンは耐久強度も強く実験結果では約8年は持つという数値結果が出ているので長く使用する事ができます。

 

 

 

 


 

 

腰痛の原因から腰痛マットレスを詳しく探すのであればコチラ!

腰痛の原因が分からなくて、マットレスを購入しようか悩んでいる人、または、腰痛の原因を知っているけど自分の腰痛に合うマットレスがどれなのか分からない人は、コチラをチェックして下さい。

 

 


失敗しないマットレス選びの為に読んでほしい記事《Best5》