MENU

腰痛マットレスを徹底比較!あなたに合う腰痛マットレスは?

 

コメントを頂いている専門家の方々の紹介

 

 

 

「腰痛改善マットレス119番」では、腰痛に改善効果のあるマットレスを購入して実際に腰痛持ちの患者さんに腰痛マットレスを体験してもらいリアルな体験談をお届けしています。

 

また、専門家の方を招いて腰痛改善や肩こり改善効果も期待できるマットレスの選び方やメリット・デメリット・効果や具体的な腰痛の対策方法なども紹介しています。

 

 

高反発と低反発マットレスどっちがおすすめなの?整体師が明かす真実とは?


 低反発マットレスと聞くとリラックス感があり体が沈みこむので無意識に良いマットレスと思ってしまいませんか?実は低反発マットレスや安価なマットレスが腰痛を悪化させています。

 

正しい知識がないのにただ闇雲に「有名なマットレス=腰痛に効果」があると思い購入すると逆に寝返りを打っている時に腰に激痛が走ってしまったり腰痛が悪化してしまいす。

 

マットレス自体も高価な買い物なので失敗する前にちゃんと腰痛改善に効果のあるマットレスの選び方について学んでいきましょう。腰痛に適しとマットレスを選べれ腰痛は大きく改善されます。また腰痛に悩まず質の良い睡眠もとれるようになるので是非参考にしてみて下さい。

“大きな誤解”低反発マットレスが腰痛や肩こり悪化させてしまう!その原因とは!?

 

低反発マットレスを使用した場合お尻の部分と肩の部分が沈み混んでしまいます。

 

その結果沈みこみが激しく歪んだ状態での睡眠姿勢となってしまい腰痛や肩こりを引き起こしてしまいます。(スポーツを日頃から行い筋肉量のあるのアスリートの方の場合は筋肉がサポートしてくれるのですが、一般の筋肉量の方の場合そのまま沈み込んんでしまいます。)

 

そのため適度な反発のある高反発マットレスが腰痛の改善に適していると言われています。また反発力があるマットレスの方が腰を痛めている場合でも寝返りをしっかりとサポートしてくれます。

 

整体師が明かす!腰痛にいいマットレスを選ぶ5つのポイント!

良い睡眠姿勢を保てる硬さと反発力が重要

腰痛に良いとされる睡眠時の姿勢とは仰向けで寝たときに背骨から腰骨が綺麗なS時カーブを描き、横向きになった時に背骨から腰骨がまっすぐになる姿勢のことをいいます。
 
 マットレスを通して体重が体全体に満遍なく分散されている状態が腰痛を改善できるマットレスとして適しており体圧分散(体重の分散)がしっかり出来るものが腰痛マットレスとして適しています。図@のような状態が体圧分散がしっかり出来ているという事になります。

 

逆効果!柔らかいマットレスは寝心地は良いが腰への負担が大きい!

柔らかい低反発マットレスなどは寝心地はとても良く深い睡眠が期待できます。しかし柔らかい低反発マットレスを選んでしまうと体が沈みこみ寝返りが打てなくなったり無理な姿勢が睡眠時に続き腰痛の原因になります。

 

図Aは低反発マットレスなど柔らかいマットレスで寝た時の姿勢です。 肩や腰回りが沈みこみすぎています。

 

この歪んだ姿勢で睡眠を取り続けると肩や腰に負担がかかり肩こりや腰痛を引きお起こしてしまいます。
 
 
少し詳しく説明しますと背骨は真っ直ぐになるようにできています。横向きに寝たときに体全体が沈むと特に重たいお腹の部分が深く沈み込み背骨がマットレスに向かってしなるような形になります。肩も同様です。そうすると、腰椎と骨盤に負担がかかるだけでなく曲がった体を支えるために一部の筋肉に負担がかかります。そして、腰周辺の筋肉のバランスが崩れるため腰痛になります。

 

固いマットレスはスポーツ選手向き!一般の人が使うと肩や腰に負担がかかり腰痛になる。

 

図Bのような硬すぎるマットレスの場合は、睡眠時に仰向けになった時に肩甲骨や骨盤の後ろ側に体重がかかりすぎてしまうため血流が低下して手足がしびれることがあります。
 
また、一部分に体重がかかることで一部分の筋肉に負担がかかり、腰痛や肩こりの原因になります。横向けに寝たときにも、肩や骨盤の横側に体重がかかりお腹がマットレスに着くことで背骨が下に向かって曲がります。

 

スポーツ選手のように良質な筋肉がある場合は問題はないのですが、運動を定期的に行っていない方などは硬いマットレスが腰や肩への負担が大きくなり肩こりや腰痛を悪化させてしまいます。

睡眠中に寝返りがうちやすいのか?

 

一晩の睡眠時の寝がえり回数は、一般的な人で20〜30回と言われています。寝返りをうつために寝返りの打ちやすい硬さとシングル以上の広さが必要になります。(※セミシングルは避けましょうシングルの広さがあれば寝返りは打てます。)

 

 

例えば、寝返りを打てないソファや簡易ベッドなどで仮眠をとると、起きたときに寝る前よりも疲労を感じることがあります。

 

睡眠中に寝返りを打つことは、寝姿勢を変えて血行を良くすることで日中に使ってバランスが崩れた筋肉や骨格のずれなどを修正します。それだけ頻回に寝返りを打って体の調節をするのですから十分に寝返りが打てるマットレスを使いましょう。

 

寝返りを打つためには、安心して姿勢を変えられる最低限の広さが必要です。ソファーや簡易ベットで寝続けるは腰痛や肩こりを悪化させてしまうので注意が必要です。

 

“寝返りがカギ!?”マットレスの硬さは睡眠中に寝返りをうつために重要な役割をしています。

マットレスが硬すぎて寝返りを打つときに体が反発する、もしくは、柔らかすぎて体が沈み込み寝返りを打つのに体力が必要になるようなマットレスは避けましょう。

 

寝返りを打てるマットレス選びのポイントは「広さと睡眠中でも軽い力で寝返りができる」事です。

睡眠時の寝心地の良さは「通気性」がカギ!清潔さを保てる事が大切

 

 

一晩の睡眠中にかく汗の量は平均約300mlです。通気性の悪いマットレスを選ぶと腰痛を引き起こします。腰痛を引き起こす原因として通気性が悪いマットレスを選ぶと睡眠時に寝苦しい状態が続き汗をかきます。

 

そして汗の水分は寝具の中にこもり、湿度が高くなります。また、通気性が悪いと体の熱もこもって、寝具の中の温度が上がります。湿度の高さと暑さも疲労の原因になります。夏の湿度と高温で寝苦しさを感じることがあるのと同じです。

 

我慢して寝ていると体に無理な力が入って筋肉のバランスが崩れ腰痛の原因になります。疲労が取れないことで日中の作業による腰痛も改善しません。通気性の良いマットレスを使いましょう。

 

 

 

 

ウレタン製の柔らかいマットレスは素材の性質上通気性が低くなります。コイル入り、固綿入りなどの製品は通気性は良いですが、硬いので自分の体に合った硬さかどうかのチェックが必要です。

 

また、通気性の低いマットレスはダニが増えたり、カビが生えやすくなったりしますダニやカビは皮膚疾患や肺疾患の原因になります。清潔さを保つお手入れが簡単にできるかどうかも見ておきましょう。通気性と清潔さを保てるマットレス選びのポイントは「水分や熱がこもらない、洗濯や乾燥ができる」です。

自分に適した硬さの腰痛マットレスを選ぶ事が重要!

 

自分の筋肉量にあったマットレスを選ぶ必要があります。腰痛改善を目的にマットレスを購入するのであれば100N以上の高反発のものを選ぶ必要があります。(※Nニュートンは国が設定した国家規格で数値が高ければ固く反発力が高い高反発マットレスで、逆に数値が低ければ反発力が弱い点反発マットレスとされています。)

 

腰痛予防ができるマットレスは、体格や筋肉の付き方によっても異なります。筋肉のバランスの良い人は、寝ていても自然に体を支えられるので、マットレスで腰痛を起こす可能性は低くなります。

 

しかし、筋肉が少ない、もしくは筋力が低下している人は、筋肉で体を支えられないために、マットレスで寝る姿勢を保たないと筋肉のバランスを崩し、背骨に体重がかかりがちで腰を痛めます。

 

そして、睡眠中に全身の筋肉と骨格のどの部分に体重がかかっているか、自分では気がつきにくいのです。体格や筋肉の付き方に合わせたマットレス選びが必要です。腰痛改善マットレスの見方としてJIS規格で定められている、N(ニュートン)を参考に選ぶ事ができます。

 

60N以下=柔らかめ(低反発)
60〜100N=普通
100N以上=硬め(高反発)

腰痛を改善させたいのであれば、基本的には、100N以上のもので体重分散出来ているものを選ぶようにしていきましょう。

 

逆に腰痛を改善したいのに低反発のものを選んでしまうと寝ている時に腰が沈み過ぎてしまい腰痛が悪化する恐れがあります。

 

返品保証やお試し制度がしっかりとあるものを選ぶ事

 

筋肉の付き方は千差万別で腰痛改善マットレスを実際に使って即日に効果も出る人もいれば、効果が出るまでに90日かかる人もいます。
 
そのため返品保障やお試し期間が設けられていない寝具は避けるべきです。腰痛改善マットレスも高いかいものなので、もし自分に合わないマットレスを購入してしまった場合は痛い出費になってしまいます。

 

人気の高い腰痛改善マットレスを徹底比較

動画では、モットン・雲のやすらぎ・テンピュール・エアウェーブの比較を動画にしてみました。反発力などをしっかりとチェックしたい人は参考にどうぞ。(※音楽がなります。)

 

販売されている中でも特に腰痛改善や予防に効果の高い人気の高い5つのマットレスをピックアップして「コスパ」「固さと特徴」「返品制度」「通気性」「効果」の5つのポイントで採点し分かりやすく比較しています。

、「コスパ」「固さと特徴」「返品制度」「通気性」「効果」を総合的な評価し算出しています。
拡大してみたい方は→コチラをクリック

マットレス名 

コスパ 

 固さと特徴

 返品制度

通気性

効果 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛にいいマットレス人気ランキングベスト3!

迷ったらコレ!モットンの腰痛マットレス

 

 

 

90日使用後2週間の返品保障つき

厚さ9cmの通気性の良いNASAで使用されているウレタン使用

体重分散の効果抜群が抜群

重さ4kg(シングル)でメンテナンスが容易

カビやダニに強く安心

※好みのマットレスの固さを選べる

 

パン子

パン子の一言

 

腰痛改善マットレスを実際に比較した中で一番睡眠時に体重分散が上手く出来ているのがモットンのマットレスです。
 
仰向けでもキレイなS字を描く事が出来て、横向けでも背骨がキレイにまっすぐになっています。幅広い腰痛の悩みを持った方におすすめする事が出来る腰痛マットレスです。

 

また、他社にないのが返品保障制度です。2位の雲のやすらぎ、3位のエアウィーヴ共に返品保障はあるものの使用していた場合は返品対象外になるのですが、モットンは使用していても返品する事が可能なので、しっかりとご自身の腰痛と向き合う事ができます。

 

また好みの固さを選べる事もポイントが高く実際に使用してみましたが10商品の中で反発力が一番程よく寝返りが楽にうてました。お客様満足度が93%という高い数値も納得ができます。

 


 


 

疲労から来る腰痛に!雲のやすらぎプレミアムの敷布団

 

 

 

厚さ17cmの13層マットレス

夏と冬でリバーシブルで使える

床に直接ひいて寝れる

スプリング使用で通気性が良い

安心の日本製

パン子

パン子の一言

 

雲のやすらぎプレミアムの敷布団(マットレス)を実際に協力してもらい使用しました。モットン同様に腰痛改善マットレスとして非常に人気の高い腰痛改善マットレスです。

 

高反発で厚さが17cmあるので仕事でストレスが溜まって寝付けない・・・その上に腰痛の悩みもある人など、リラックス効果や安眠効果を期待したい人や疲労からくる腰痛を持っている方や睡眠の質を上げたい人に特ににおすすめです。使用して何より驚いたのが体圧分散がとてもうまく出来るので腰部分も程よく沈み仰向けで寝ても気持ちが良い姿勢を保てて寝る事ができます。

 

アンケート結果では99%のお客さんを満足させている商品なのも納得です。また敷布団となっているので敷布団を購入する必要もありません。原産国も日本なので日本製品のクオリティーなので安心感もあります。

 

ただ少しデメリットなのが人気のマットレスモットンと違い返品制度がない事です。
 
とはいえ、腰痛を改善するためにとても工夫のされたマットレスです。

 

 

 

 

 

 

スポーツから来る腰痛にはマニフレックスのマットレス!

 

 

イタリア産の腰痛マットレス

3つ折りに出来収納が可能

10年間の長期保証付き

筋力が弱く腰痛持ちの人に適している

スポーツ選手も愛用者が多い

 

 

パン子パン子の一言

 

マニフレックスのマットレスはイタリアでうまれたマットレスで沢山の種類のマットレスがそろっている大手マットレスメーカーです。実際に東京や大阪では店舗も設けています。

 

実際に体験してみると反発はどのマットレスよりも強く高反発の中でもとくに反発が強いので、筋力が弱い人や寝返りが打つ力が弱い人におすすめのマットレスです。また価格も安いメッシュウィングなどは価格も30,000円前半で購入できます。
 
そして返品保障はないのですが10年間の保証があるのがマニフレックスの特徴です。ただ、実際に体験して筋力のない介護が必要な年齢の場合などはこのマットレスの場合だと固すぎる傾向にあるので注意が必要です。とはいえ、3つ折りにも出来押し入れの中にも入れれる収納機能なども他のマットレスにはなかなかない機能なのでおすすめです。

 


 


 

腰痛の原因から腰痛マットレスを詳しく探すのであればコチラ!

自分の腰痛の原因は分かるけどどのマットレスが合うのか分からない人は、コチラをチェックして下さい。症状や用途別にまとめています。

コスパで選ぶなら!

フローリングに置ける腰痛マットレス

産後や妊婦さんの腰痛に

詳しくはコチラ 

詳しくはコチラ 

詳しくはコチラ 

治らない慢性的な腰痛に

スポーツで痛めた腰に

寿命と理想の固さから

詳しくはコチラ

詳しくはコチラ

詳しくはコチラ 

 

【コスパ良し】価格で選ぶならこの腰痛マットレスがおすすめ!

 

1 確認済み!ニトリやIKEAのマットレスは販売元が腰痛に効果がないと認めている

 

コスパ重視で選ぶ時に注意したい事が腰痛専門のマットレスをしっかりと選ぶ事です。

 

以前にIKEAやニトリのマットレスを購入してお店に「腰痛の軽減や改善」に効果があるのか直接ニトリにメールで問い合わせたところ腰痛改善作用はないとの事でした。
 
安い高反発マットレスと腰痛マットレスでは目的が変わってくるので注意が必要です。

 

腰痛を睡眠時に解消したのであれば家具メーカーや量販店の寝具ではなく腰痛などを専門に取り扱っている腰痛に効果が期待できる腰痛マットレスを選びましょう。(※大手家具メーカーや量販店のマットレスは安いです。しかし腰痛専門ではないので逆に悪化してしまう可能性が高いです。マットレスをまた買い直しり2度手間になります。)
 
 

(クリックしてメールを確認する) 

 

2 買ってからでは遅い!返品制度もしくは、店舗で試せるものを選ぶ!

 

睡眠は1日の3分の1を占めている程大切な時間です。そして腰痛を改善する事は1日では不可能です。
 
実際に店舗などでマニフレックスやエアーウェーブなどを体験できるので店頭に行ってみて下さい。しかし体験はあくまで寝心地しか確認できません。

 

腰痛を根本的に改善するのであれば、腰痛マットレスを実際に10〜30日程しっかりと試して筋肉が正しい位置に修正されるまでの時間が必要になります
 
そのため一番良いのは返品制度のある腰痛マットスを選ぶ期間内にしっかりと試してそのマットレスが腰痛や肩こりを改善してしっかりとした睡眠をとれるのかを判断する事です。

 

3 自分の腰痛の症状を把握し症状あった寝具を選ぶ

腰痛にも色々な種類があります。自分の腰痛をまずはしっかりと把握する必要があります。コスパが良いという理由だけで購入してしまうと失敗してしまうので自分がどれくらいの反発のあるマットレスが適しているのかしっかりとレビューや口コミなどを見てから決めましょう。

 

コスパの良い腰痛マットレスはこの2つ!

「マニフレックス」「モットン」の2つです。

3万円台前半から買えるマニフレックス

 

コスパが良いマニフレックスのメリットについて

マニフレックスは種類が多く一番安い価格のものだと3万円前半からあります。
また10年間のメンテナンス保証があるというのも心強いです。
 

コスパが良いマニフレックスのデメリットについて

マニフレックスのマットレスはイタリア産で外人向けに作られているマットレスです。
 
そもそも私たち日本人と白人では骨格や筋肉の付き方が違います。(少し反発の強度も強い傾向にあります。)

 

特に腰回りやお尻の筋肉の付き方が異なるのでしっかりと店頭などで試した自分に合うか確かめる事をおすすめします。

 

コスパの良いマニフレックスの詳細はコチラ

 

 

モットンがコスパが良い理由とは?

 

モットンの価格は、マニフレックスの最安値の型だと31,000円からあり、モットンは価格は39,800円ですが使用できる期間がマニフレックスが約8年に対してモットンが10年と使える期間となり1日あたりの値段もそれぞれ10円台と大差はありません。

 

(モットンの場合)

 

コスパも良いモットンの詳細はコチラ 

 

“直置きに最適”フローリングや床におけるマットレスを選ぶならどれがいいの?

 

床置きをしたい場合は、雲のやすらぎプレミアムが一番適しています。雲のやすらぎプレミアムが床に直置きできる腰痛マットレスとして優れている3つの理由を説明していきます。

@直置きしたい場合は9cm以上の厚みのあるものを選ぶ事

床に直置きする場合厚みが必要になります理由として2つあり1つ目は冬の寒さです

 

。厚みがない場合のマットレスの場合床からの冷気を直接受けてしまいます。固い敷布団を床に直置きしている場合は注意が必要です。

 

寝具全体が冷えてしまうと体温が上昇せずに下がってしまい、その結果、結構不良を引き起こし疲労が取れなかったり痛みが再発して腰痛や肩こりが悪化してしまう恐れがあります。

 

 

そして、もう1つの理由は、マットレスの厚みが9cm以上ないと体重を支える事ができないからです。
(9cm以下のマットレスの場合だと体重が重い方だと床についてしまいます)マットレスは9cm以上厚みがある場合しっかりと反発してくれマットレスが体を支えてくれるので腰痛を引き起こす心配がありませんし体の負担も大きく軽減されます。

 

A軽く腰の負担が少ない干しやすいマットレスを選ぶ

直置きした場合マットレスはどうしても通気性が悪くなってしまうので定期的に風通しの良い日陰で干す必要があります。
そのため干しやすいものを選ぶ必要があります。

 

あまりにも分厚いと干す時に逆に腰を痛めてしまったりと負担が大きくなってしまいます。
 

B通気性が良い素材のものを選ぶ

床に直置きする場合は通気性の良い素材を選ぶ必要があります。マットレスと床の間に隙間がないと寝ている時に寝具の中の温度と湿度は上昇します。

 

この時に湿度を逃がせない構造や素材だとずっと湿度を保ったままになり、カビやダニが増殖しやすい状態になってしまいます。

 

低反発マットレスの場合などは特にカビが気やすい傾向にあるので、通気性の良い素材を選ぶ事が重要です。
 
湿気が寝具の中に溜まってしまうとカビが増えるだけでなく反発する力もどんどんと弱くなっていき高反発マットレスの意味がなくなってしまうのでメンテナンスを定期的にした方が長く使えます。

雲の安らぎプレミアムが床に直置きするのに優れているメリットとデメリット

 

床に直置きできる雲のやすらぎメリットについて

雲のやすらぎプレミアムは17cmという厚みがあるのでベットなしで床に直置きしても十分な厚みがあります。
 
また素材もアルファーマットという凸凹の素材を使用しているため通気性が良くなっています。雲のやすらぎは敷布団なるので雲のやすらぎの上に敷布団も置く必要もなくマットレスと敷布団両方の役割を果たしてくれます。

 

床に直置きできる雲のやすらぎデメリット について

雲のやすらぎは厚みがある分少し重たくなってしまうので干す時に少し干しにくいのがデメリットです。シングルで7kg程あります。
 
ただ、他のマットレスも17cm程の厚みがあるものを使用したいという場合同じくらいの重さになってしまいます。
「厚みがある=重さがある」という事です。その分、腰痛の軽減や床に直置きしても大丈夫というメリットはあります。

 

敷布団いらずの雲のやすらぎプレミアムの詳細を見てみる

 

産後や妊娠中・妊娠期の人におすすめの腰痛マットレスはコレ!

 

妊娠中は、骨盤がずれて腰痛を引き起こしやすいです。また産後は赤ちゃんを抱っこしたり育児方面でも腰痛になる方が非常に多いです。ここで簡単に妊娠中の腰痛の原因について紹介します。

 

妊娠中の腰痛の原因として大きく2つ「妊娠初期」と「妊娠中期〜後期」に腰痛が起こります。この時の寝具選びは本当に悩みますよね。妊娠中だけ使える寝具はもったいない・・・って思ってしまいますよね。そんな寝具の悩みを解消したいと思います。

 

妊娠初期の腰痛の原因

妊娠初期の腰痛の原因は卵巣ホルモンが原因です妊娠中腰痛が始まるのが妊娠してから3ヶ月目の時です。

 

この頃になると赤ちゃんが産まれる時に骨盤を通れるように関節や靭帯、骨盤を緩める働きがある「リラキシン」というホルモンを分泌します。リラキシンは卵巣ホルモンの一種です。

 

そしてそのリラキシンが、骨盤回りの筋肉などを緩める結果、妊娠初期の腰痛が始まります。

 

妊娠中期から後期にかけての腰痛の原因

妊娠中期から後期にかけての腰痛の原因は、お腹が大きくなり腰への負担が大きくなり姿勢が変わってしまう事に原因があります。

妊娠後期になるとお腹もどんどんと大きくなります。
そして、その大きなお腹を支えるために背中が緊張した状態になります。 そのため腰痛が起こります。

妊娠中の腰痛の改善3つの方法は?

@骨盤ベルトをつける

妊娠中の腰痛を軽減する働きがあるのが「骨盤ベルト」です。緩んだ骨盤を少し閉める事により痛みも軽減されます
 
ただ、妊娠中はお腹の赤ちゃんの普段にならないように無理のない程度に閉めるようにしてください。骨盤ベルトを巻く位置はあくまでお腹の下の部分にまき、仙骨・恥骨結合・大転子をしっかりサポートできるように図のようなつけ方をしてください。

 

 

A腰痛を改善できるシムスの体位

 

妊娠中に腰痛で困ったらまずはシムスの体位で腰痛が軽くなるか試しましょう
 
見た目は横向きに見えますが厳密には、上半身は下を向きクッションを挟みます。下になる足を後ろに伸ばし上になる足を前に出して膝を曲げます。画像では抱き枕でやっていますがクッションやマクラでも同様にできます。

 

ただ、寝返りが打てなくなるので長時間この姿勢で睡眠をとってしまうと腰の片方に負担がかかり腰痛が悪化する可能性もあるので注意が必要です。 

 

B旦那さんにマッサージを頼む

骨盤回りなどを旦那さんに頼んでマッサージをしてもらいましょう。
どうしても妊娠中は女性の方が体の負担が大きいのでマッサージなども旦那さんに協力してもらいましょう。

マッサージオイルは化粧水や妊娠線クリームなんでもOKです。手順は腰骨の回りを円を描くようになでる、次に背骨から外側にさすり、最後に骨盤付近を重点的に親指で少しだけ力を入れて内から外へ筋肉を緩ますイメージでさすります。

 

これを1日5〜10分程行ってください。 

妊娠中・産後におすすめの腰痛マットレスは?

 

妊娠中・産後の腰痛は他の腰痛マットレスと異なるので妊娠中・産後専用の腰痛マットレスを買いましょう。
 
「エンジェルサポート」という西川リビングが販売している妊婦さん、産後専用のマットレスがあります。
 

 

エンジェルサポートは、妊娠中に一番負担の大きい腰・お腹回りの素材が柔らかい素材になるため体圧分散が妊婦さんの大きくなったお腹でも均等にできます。

 

そのため腰への血流の流れなども一般の敷布団やマットレスと比較すると負荷が少なくなります。

 

また、5つ折りでき持ち運びも簡単にできます。

 

産後も中身を入れ替える事が可能なので使用し続ける事ができるのも特徴です。妊娠中・産後の腰痛は特殊な腰痛なので専用のものを選ぶようにしましょう。

 

妊娠中から産後に特化した腰痛を改善できるマットレスのエンジェルサポートの公式サイトを見る

 

肩こり腰痛など慢性的な症状に効果のあるマットレスはコレ!

 

肩こりの大きな原因は、4つわります「同じ姿勢が続く」「眼精疲労」「運動不足」「ストレス」などがあります。

同じ姿勢が続く場合

現代の人はデスクワークやスマホを長時間観覧したりと同じ姿勢が続く動作が多くどの動作も頭を少し前にもってくる姿勢が多く頭の重さは意外にも重く5kgあり、頭を支えようと肩甲骨回りの筋肉が力の入った状態(緊張状態)になり血流が悪くなります。

 

眼精疲労と肩こりについて

眼精疲労も現代の人が多く抱えている悩みの1つです。

 

目の周りの筋肉が緊張する事により疲労が蓄積されます。その蓄積された疲労が首を通り肩回りの筋肉まで緊張して影響が出てしまいます。

 

運動不足も肩こりの原因に

運動不足になると筋力が低下し疲れやすく疲労が溜まりやすくなります。

 

原因としては、心臓は血液を送りだすポンプの働きをする事はご存じだと思います。筋肉も心臓と同じように伸び縮みする事により血液を送る働きがあります。

 

しかし運動不足になると血液が送りこまれず、血流が悪くなります。そのため疲労が蓄積されて肩こりや、腰痛を引き起こしてしまいます。

 

ストレスも肩こりの原因に

ストレスと肩こりは無煙のように思いますが、ストレスが溜まると全身に力が入って緊張状態になります。

 

例えば、プレゼンテーション前など大勢の人前に立った時は全身に力が入りますよね?
これはストレスを感じて全身が緊張している状態です。
 
このようにストレスが続くと全身が力んだ状態になり血流障害が起きて、肩こりや腰痛がおこってしまいます。

 

腰痛の大きな3つの原因

腰痛の原因は大きく分けて3つあります。「背骨の歪み」「効き足の使いすぎ」「同じ姿勢を長時間続ける」これらの原因が、ヘルニアや分離症、すべり症、神経痛、など多くの変形性の腰痛を引き起こしています。
 

背骨の歪み

背骨の歪みと腰痛は深く関係しています。

 

例えば、スマホを見たり、デスクワークをする人は頭が前にいき肩甲骨回りに負担がかかり背骨が曲がっている状態になっています。この姿勢が長時間続くと硬くなった肩甲骨回りの下の腰部分まで影響していきます。

 

負担が長期的にかかるとさらには、筋肉だけでなく骨や軟骨などのも影響が出てきます。その結果ヘルニアやすべり症などの変形性腰痛を招いてしまいます。意識して負荷のかからない姿勢を作る事が大切です。
 

効き足の駆使

利き手があるように足にも効き足があります。原因はこの効き足に頼りすぎてしまいバランスが悪くなる事です。例えば、あなたが右手が利き手だった場合、右手を使って長時間窓ふきなどをしたら片方の肩だけこりますよね?

 

これと同じように足にも効き足があり、その効き足ばかり重点的に使う。例えば、立っている時に片方の足だけに重心を傾けて立つ。座っている時に脚を片方ばかり組むなど無意識で効き足ばかり負担をかけている事が多くあります。

 

これらも背骨の歪みと同じで意識して正しい姿勢を作る事が必要です。

 

長時間同じ姿勢が続く

これも肩こりと同じで長時間同じ姿勢が続くと血流が悪くなり腰痛の原因になります。
 
例えば、長時間椅子に座っていて腰が痛くなった経験などありませんか?長時間同じ姿勢をとっていると血流が悪くなり筋肉への血流が悪くなり凝りの原因になります。

 

その凝りが続くと次は炎症になり、そして炎症が続くと骨などに影響が出てきます。デスクワークをする時など長時間の同じ姿勢を取る必要がある場合は1時間に1度休憩を入れて体全体を軽くストレッチを行い体全体の血液を流す事を意識してください。

 

これら3つの原因は全て共通点があり、筋肉が凝り血液が圧迫されます。図のように圧迫されます。

 

そして血管が圧迫された結果神経も圧迫されて神経がダメージを受けた結果酷い腰痛や肩こりを起こしてしまいます。

 

 

慢性的な肩こりや腰痛改善につながる腰痛マットレスの選び方とは?

 

慢性的な腰痛や肩こりもあなたにあった腰痛マットレスを選べば腰痛や肩こりの負担も大きく解消できます
 
椎間板ヘルニアや分離症を持っていて姿勢を改善したけど職業上どうしても無理な人もいますよね。例えば、ヘルパーさんは普段の業務で患者さんをベットに移動したり中腰になったりと、腰を職業上駆使します。SEやWEBデザイナー、事務などのデスクワークの多い人も同じく座った姿勢が続き腰へ血流が悪くなり腰への負担が大きくかかります。

 

その結果腰痛を招いてしまいます。日の大半は仕事で、その仕事が原因で腰痛になっている人は非常に多いです。
 

注目したいのが睡眠時間

1日人は8〜10時間程働きます。そしてそれと同じくらい人は睡眠をとります。

 

その睡眠時に無理な姿勢が続くと腰痛や肩こりは必ず悪化してしまいます。そのため睡眠時は正しい姿勢で腰や肩に負担のかからない腰痛マットレスを選ぶ必要があります。

 

特に慢性的な腰痛や肩こりを持っている人に意識して欲しいのが「体圧分散(体重を分散する力)」です。
睡眠時の理想の姿勢は、仰向けになっている時はこの図のように

 

仰向け(図左)の時は軽くS字を描いているような睡眠姿勢 
横向き(図右)の時は背骨が真っすぐになっているような睡眠姿勢が正しいとされています。

 

当サイトでは、整体師がモットン雲のやすらぎテンピュール西川マニフレックスairwaveIKEAのマットレスニトリのマットレスのマットレスに実際に人が寝る他に10kgの重り(ポリタンク)を使い体圧分散がキレイにできているかを調べました。

 

 

その結果、体圧分散も一番良く、しかも返品制度のついているモットンが一番慢性的な腰痛を解消できる可能性がある事が分かりました。

 

寝返りを打つのもつらい慢性腰痛には“モットン”がおすすめ。公式サイトはコチラ

 

 

アスリートの方が腰を痛めた場合はこのマットレスがおすすめ!

 

スポーツを主にしている人の場合、腰痛の原因はぎっくり腰などの急性の腰痛が一番、多くその次に多いのが、スポーツによる過度な負担が原因でなる椎間板ヘルニアや、ヘルニアの原因と同じように腰などに大きな負荷が生じて腰椎後方の骨が疲労骨折を起こしてしまう分離症などがあります。

 

ほとんどのケースが、オーバーワークなどからくるものが多く、一番の治療は安静にして負担のかからないようにストレッチなどをする事です。特にスポーツで腰痛を発症してしまった場合は、腰に負担のかからないトレーニングに切り替えて今伸ばせる所を最大限に伸ばす工夫をしましょう。

 

 

例えば、体幹を鍛えたり、可動領域を広げる事なども有効です。
ゴルフや野球、テニスなど多くのスポーツは背筋や腹筋そして体幹を使い回旋動作を繰り返すスポーツが多く、体幹を鍛える事でパフォーマンズが向上します。

 

そして、股関節は腰周りをストレッチで柔らかくする事をおすすめします。股関節は腰椎や骨盤の筋肉とつながっているので股関節を柔らかくする事で骨盤や腰椎への負担が軽くなります。

 

スポーツで腰を痛めた場合はこのマットレス!

アスリートに最適な腰痛を軽減するマットレスはairweave

 

スポーツで腰を痛めた場合安静にする事が第一でもしそれでも改善されない場合は、airweave(エアウィーヴ)アスリートには最適です。
 
浅田真央選手や錦織圭選手が愛用しておりアスリートは筋肉量が多いため固めのマットレスが合います

 

逆に柔らかいマットレスを使用してしまうと沈みこみが激しく反発する力が少なくなり寝返りが打てなくなり腰痛を引き起こししまいます。

 

ただ実際に使ってみましたが、少し運動をしている程度の筋肉量の場合は逆に固すぎて合わない場合もあります。

一般のスポーツを行っている人平均より筋肉量が多い方はマニフレックス

 

マニフレックスも平均して他の高反発マットレスに比較すると反発が強く固めの高反発マットレスになっていますがairweaveより柔らかく多くのアスリートも使用しいます。より一般のスポーツをされている方に向けて作られているマットレスになります。 

マニフレックスを使用しているスポーツ選手は?

野球選手では、前田 健太・青木 宣親・岩隈 久志・山田 哲人
サッカー選手では、香川 真司
相撲選手では、嘉風関
柔道選手では、野村 忠宏
バレーボール選手では、益子 直美
ラクロス選手では、山田 幸代

 

と数多くの一流選手がマニフレックスを使用しています。

 

スポーツで痛めた腰痛にはマニフレックスがおすすめ!詳細を見てみる

 

 

理想の硬さは?体重別で見るあなたにあう腰痛マットレス

 

先ほど、基本的には100N以上の硬さのマットレスが良いという話がありましたが、「腰痛対策には硬めのマットレスが良い」とは言っても、全ての方に硬めのマットレスが合っているというわけではありません。体重や筋肉量によっては、高反発マットレスよりも低反発マットレスの方が合っていることもあります。では、一体自分にとってのマットレスの理想の硬さはどのくらいなのか、体重別にチェックしていきたいと思います。

あなたの体重に適正なニュートンの出し方

自分の体重に適しているニュートンはどのくらいなのかを知るために、先ほどのニュートンの表とあわせて確認してみましょう。ニュートンはマットレスの硬さを表している単位であり、この単位が大きければ大きいほど硬めのマットレスであることが分かります。定義はないのですが、一般的に高反発マットレスは100N以上のものを指します。

 

筋肉量などにより多少の違いはありますが、体重別に適したニュートンは以下のとおりです。

 

50kg以下の方・・・80N〜100N程度(普通の反発力)
50〜80kgの方・・・130N〜150N程度(高反発)
80kg以上の方・・・150N〜170N程度(高反発)

 

体重が軽い方の場合には、高反発マットレスでは適度な沈み込みを得ることができずに逆に身体を痛めてしまうことがあります。反対に、体重が重めの方の場合には低反発マットレスでは身体が沈み込んでしまうため、不自然に力が入り腰などに負担がかかることで痛めてしまうことがあります。腰への負担を和らげることができる硬さかどうかを、自分の体重と照らし合わせてみる必要があるのですね。このように、腰が痛い全ての方に高反発マットレスがおすすめできるというわけではなく低反発マットレスがおすすめとなる場合もあるのです。

 

あなたの筋肉量は?筋肉量から見るマットレス

筋肉量から合う腰痛マットレスの探し方筋肉量を測定できるサイトを紹介します。
あなたの体重と体脂肪率このサイトに入れて測定してみて下さい。

 

 

 

〜筋肉率と腰痛マットレスの目安〜

@アスリート向き(筋肉率 女性40% 男性45%以上
運動をしていて筋肉量がかなり多くアスリート向きの人はairweave(エアウィーヴ)

 

A一般アスリート(筋肉率 女性35% 男性40%以上
運動をしていて筋肉量が平均より少し多い方はマニフレックス

体重別あなたにおすすめのマットレス

※@とAに以外の方は筋肉率でなく体重を重視してマットレスを選ぶようにしてください。

 

体重別にニュートン表示を見た際におすすめできるマットレスをご紹介していきたいと思います。

 

ここでは、50kg以下の方・50?80kgの方・80kg以上の方、という分け方をしています。

 

50kg以下の人 雲のやすらぎのプレミアム敷布団

 

 

体重が50kg以下の方の場合には、雲のやすらぎプレミアムの敷布団がおすすめです。

前述の通り、50kg以下の方には80?100N程度がおすすめなのですが、雲のやすらぎプレミアムの敷布布団にはニュートンの値の記載がありませんが、実際に横になったり体験してみた感じでは100N程度なのではないかと推測できます。

 

硬すぎることがなく適度な硬さになっているため、体重が軽めの方も身体に痛みを感じることが少なくスプリングマットを使用しているので反発力も良いので寝返りも楽にとれ理想的な寝姿勢を保ちやすいと言えます

 

筋肉量が極端に少ない方の場合には寝返りなどに苦労する可能性もありますので、一度横になってみなくては分からない部分もあります。

 

また、雲のやすらぎの敷布団はマットレスの厚みが17cmとかなりあるため気持ちよくリラックスして眠ることができます。体重が軽く、疲労などからくる腰痛に悩まされている方にとっては良いマットレスと言えます。
 
 

 

 


50〜80kgの人 モットン

 

50kg?80kgの平均体重の方には、モットンがおすすめです。
 

モットンには100N・140N・170Nの3種類(シングルは100Nもしくは140Nのみ)の硬さが用意されていますが、その中でも140Nのマットレスがおすすめです。

 

体重が50kgから80kgの方の場合には100Nでは身体が沈みすぎてしまうことがあり、理想的な寝姿勢を保つことが難しくなるほか、腰の反り部分がしっかり支えられなくなってしまうことで腰への負担も大きくなりがちです。

 

その点、モットンの140Nならしっかりと体圧を分散させながら理想的な寝姿勢を保つことができます。
さらに、モットンの反発力や通気性の良さ、耐久性の高さなどは他のマットレスよりも優れていますので安心できます。

 

モットンは幅広い体格の方におすすめできるマットレスであり、90日間の返金保証制度もついていますので、万が一「自分には合わなかった・・・」ということがあってもお金を無駄にしてしまうこともありません。
 
そのため安心して試してみることができますし、返金保証期間内であれば、硬さが合わなかった場合でも配送手数料(3,942円)を支払うことで1回のみ交換が可能となっています。

 

ニュートンが合わなかったという場合でもこのような交換制度があることで気軽に注文することができますよね。

 

 

 

 

80kg〜の人 マニフレックス

 

そして、80kg以上あるという方の場合には170Nのマニフレックスがおすすめです。
 
マニフレックスはもともと欧米の方向けに作られているマットレスのため、日本人の痩せ型の体格には合わないことが多いのですが80kg以上の方であればマニフレックスは程よい硬さになります。
 
耐久性が高いという点は大きな特徴ですが、その反面通気性が悪いという点がやや気になります。しっかりとメンテナンスを行うことができる方であれば腰痛を軽減・予防していくためにおすすめできるマットレスです。

 

一般的な低反発マットレスとは異なり、温度変化で硬さが変わるということがないため、日本の気候にも適応しやすく快適に眠ることができます。

 

高反発マットレスの中でもかなり反発力が強いマットレスとなりますので、筋肉量が少なめの方の場合にも、寝返りがしやすくなる等の恩恵があります。ただし、介護が必要な年齢の方の場合には硬すぎて寝返りが打ちにく腰を痛めやすいのでマニフレックスは避けてください。

 

 



寿命もせっかくなら長い方が良い

腰痛マットレスも決して安い買い物ではありません。せっかくなのであれば、しっかりと長く使える寿命が長いものを選びたいですよね。そこで人気の腰痛マットレスの寿命をまとめています。

 

 

 

 

ニトリやIKEAなどの大型家電良品でマットレスを購入した

ニトリやIKEAは、腰痛専門のマットレスを販売していません。手ごろの価格だからといって高反発マットレスを購入しても素材や用途が違うので腰痛は軽減されません。

返品制度のないものを購入した

人の骨格や筋肉は1日では正しい修正できません。そのため、店頭での体験だけでは実際に腰痛が治るかは分かりません。なるべく返品制度が整い自分の体に合うか合わないか確認できるようなメーカーで購入しましょう。

 

筋肉量が多いのに低反発マットレスを選んでしまうと逆に悪化したりするケースもあります。

寿命が短いものを購入した

せっかくの高いマットレスを購入するのに、寿命が短ければまた新しいものを購入する必要があります。素材も良く尚且つ耐久力があり反発力が落ちないマットレスを購入するようにしましょう。

 

 

返品制度がしっかりしている

モットンの場合、返品制度がしっかりと設けられていました。他のブランドを見ても、モットンのように90日試した後に返品できるサービスがついているマットレスメーカはありませんでした。

日本人向けの腰痛改善を目的に作られたマットレス

日本人と外国人では骨格や筋肉の付き方が違います。自然に睡眠時の体重のかかり方も変わってきます。

 

腰痛を本当に改善したいのであれば日本人向けにしっかりと研究して作られたモットンのようなマットレスを選ぶ必要があります。

寿命が長いので安心して使える

モットンは耐久強度も強く実験結果では約8年は持つという数値結果が出ているので長く使用する事ができます。

 

 


 

 

腰痛の原因から腰痛マットレスを詳しく探すのであればコチラ!

腰痛の原因が分からなくて、マットレスを購入しようか悩んでいる人、または、腰痛の原因を知っているけど自分の腰痛に合うマットレスがどれなのか分からない人は、コチラをチェックして下さい。